Lifestyle

噂の月経カップ。うまく入るのか試してみた

 皆さんは、「月経カップ」という生理用品をご存知でしょうか? 欧米を中心に広まっている物で、生理中に腟内に入れて使用します。カップという名前のとおり、カップが直接経血を受け止めてくれるアイテムです。
月経カップ

写真はイメージです

 今回は、毎月経血量の多さに悩む筆者が実際に月経カップを使ってみた感想をレポートしたいと思います。

月経カップとは……

 月経カップ自体は3000円台から5000円台の商品が多く、生理用品としては少々高価。ただ、消毒などを行い大切に使用することで、かなりの年数、繰り返し使用できるとされています。ナプキン使用時の特有のかぶれや臭いがなく、タンポンのようにトキシックショック症候群(TSS)を起こすリスクが低いという、夢のような商品です。 ※TSS:急激に発症する非伝染性の全身性疾患で、特徴的な症状は、高熱、低血圧、発疹、多臓器不全など(一般社団法人日本衛星材料工業連合会「TSSについて」より)  しかし、日本ではまだほとんど広まっていないということも事実です。  存在自体を知らないという人も多いと思いますが、知っていても、「スムーズに着脱できるか不安」「経血が漏れてしまいそう」といった不安から使用をためらう声も見聞きします。月経カップを使用した方の体験談にも、月経カップがうまく挿入できずに、血まみれになってしまい、漏れる以前の問題だった……なんていうものまでありました。  筆者はタンポンをうまく挿入することができず、何本も無駄にしてしまった経験があり、今では使用していないぐらい不器用なので、少々不安がよぎります。

月経カップのサイズ

 まずは月経カップのチョイスから。月経カップにはサイズの大小があり、大きいサイズほど受け止めてくれる経血量は多くなります。
メルーナ「月経カップ」サイズ

メルーナ「月経カップ」サイズ

メルーナ「月経カップ」サイズ

メルーナ「月経カップ」サイズ
(写真を撮ったら文字がボケてしまったので、メルーナ公式サイトをもとに作成)

 小さいサイズは小柄で出産経験がない人向け、大きいサイズは身長が高く経産婦向け、というのがだいたいの目安です。  筆者は約158cmの経産婦ですが、初めてということで、初心者向けでなおかつ評判がいい、ドイツ製の月経カップ、メルーナのSサイズを選択しました。 ●月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色
月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色¥3,448(※9月27日時点、編集部調べ)

月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色¥3,448(※9月27日時点、編集部調べ)
(画像:amazonより)

 いよいよ生理が来て使用する前に、初回はミルトンもしくは煮沸消毒が必要※ということで、まずは煮沸消毒をしました。 ※ミルトン(次亜塩素酸ナトリウム)濃度1.1%を溶かした水に15分間漬けて消毒。もしくは、沸騰したお湯で3~5分間の煮沸消毒。

かなり深い位置まで思い切って挿入することがコツ

 図解入りの日本語の説明書と、ネットには動画で着脱方法を説明しているサイトもあるので、それらを参考にチャレンジ。
メルーナ「月経カップ」使い方簡単3ステップ

メルーナの使い方~簡単3ステップ~

<挿入するとき> ①カップを折りたたむ ②すこしかがんで力を抜き、折りたたんだまま挿入 ③一度奥まで入れ込み、軽く引いてカップを開きます。引いてみて抵抗があればセット完了 <取り出すとき> ①きれいにした指でリングの根元をつかみ、カップを少しつぶす ②やさしく引っぱり出す。できるだけ傾けず力を抜く ③中身をトイレに流します。水で洗い流すかウェットティッシュで軽くふいて再度使用します (1日1回はお風呂などできれいに洗浄してください) メルーナ「月経カップ」 筆者は一般的とされるCフォールドという折り畳み方で、メルーナの両面をCのような形にして、かなり小さく折り曲げる方法で挿入しました。最初の数回は中途半端な位置で止まってしまって失敗しましたが、おもいきって一気に挿入すると、成功。  かなり深い位置まで挿入することがコツだと思いますが、なかなか勇気が必要なので、一発目で成功することは難しいかもしれません。手に経血もだいぶ付着してしまったので、自宅でのお風呂場での装着だからよかったものの、最初から外で使用することは無謀だとも感じました。

経血量の多すぎる日の使用には向かないかも

 4日目の昼ぐらいからようやく普通の夜用のナプキンのみにできる、くらい経血量の多い筆者。この体質のせいで、毎月生理のたびにナプキン代がかさみ、年々ひどくなるナプキンかぶれにも悩まされてきました。はたして、月経カップは経血量の多い女性の救世主となってくれるのでしょうか。  次回は、そういった視点も踏まえて月経カップを生理期間中に試してみてどうだったか、メリット・デメリットを具体的にレポートします。 <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ