Entertainment

元カノにDV疑惑で裁判中のイケメン俳優、元妻が証言台へ

 20代前半で人気女優のリース・ウィザースプーンと結婚し、若くして2人の子供のパパとなった俳優ライアン・フィリップ。非常に子煩悩なイクメンとして知られているが、童顔なのに細マッチョなところが女性に人気で、数々の美女たちと浮名を流したモテ男でもある。  俳優としても着実にキャリアを積み重ね、2005年の映画『クラッシュ』では誠実な警察官役を演じて好青年なイメージが定着。しかし、そんなクリーンなイメージがここにきて崩壊寸前となっている。元恋人に暴行を加えてけがをさせたとして、DVで訴えられているのだ。裁判ではなんと、元妻リースも証言する予定だという。
ライアン・フィリップ

ライアン・フィリップ(C)Sbukley

 2017年7月、元恋人のエルシー・ヒューイットに対して殴る蹴る、階段から突き落とすなどの暴行を振るったとして、100万ドル(約1億円)を求める訴訟を起こされているライアン。2017年の4月から7月まで、米成人男性誌「プレイボーイ」にも登場するセクシー系モデルのエルシーと交際していたといわれている。  そして今週初め、ライアンがこの訴えについて、正当防衛を主張していることが法廷書類の中で明かされた。  事の発端は2017年7月に起きた2人のトラブル。事件前夜、カリフォルニア州マリブで開かれたパーティーに出席したライアンとエルシー。しかし、乗り気でなかったライアンは、別の女性と共に一足先に帰宅したという。  その後、午前2時半頃にエルシーが友人と共に、私物をとりにライアン宅へ。大きな物音がしたためライアンは目を覚まし、寝室の外でエルシーと出くわしたという。ライアンは、そのとき寝室にいた女性に、エルシーが危害を加えるのではないかと感じたという。  書類にはこう記されている。 「フィリップは当時、寝室にいた女性の身の安全を非常に懸念していました。特に、騒がしく、怒りっぽく、興奮気味で、嫉妬深いヒューイットが、フィリップの寝室に別の女性がいることに気づいたからです」 「フィリップはヒューイットの一撃から身を守ろうとし、必死にヒューイットが寝室に入ろうとするのを防ごうとしました」  ただ、ライアンはエルシーを階段から突き落としたことはないと主張。家から出て行かせようと階段まで連れて行った際に、エルシーが自ら滑り落ちたと弁解している。  今回の件においては、ライアン側もエルシーに反訴を起こしている。当時、非常に酩酊した状態だったエルシーが、お金をねだろうとして家に勝手に押し入ったとし、ライアンから暴力を受けたという主張は、完全にでっち上げだと反論している。  

元カノの売名疑惑が取りざたされるも、状況を一転する事態に……

 ライアンの暴力により体のあちこちを負傷したというエルシーは、警察に被害届も提出し、ぱっくり割れた膝やひどいあざの写真もマスコミを通じて公表。また、自分を階段から突き落とし、「とっとと出て行け! 頭が狂った〇〇〇」などと卑俗な言葉を絶叫したフィリップについて、「ドラッグまみれのDV男」と非難している。  この件が報道された当初、世間ではエルシーの売名行為を疑う声があがっていた。しかし、その風向きが一転したのが、ライアンが元婚約者だった一般女性に嫌がらせをしていたと報じられたことだった。元婚約者は、破局した後にライアンから大量のメッセージを受け取り、迷惑していると警察に届け出ていたとのこと。内容も女性の浮気を責め立てるような攻撃的なものだったというが、その女性は「ライアンによるDVはなかった」と話しているという。  エルシーも、元婚約者の女性もかなり年下だったということだが、そんな若い女性たちと交際し、あげく攻撃的な行為をしたと伝えられているライアン。世間はそんな中年俳優に冷たい視線を向けるように……そんな中、元妻のリースが来月15日に行われる公判で証言台に立つという。
リース・ウィザースプーン

フィリップの元妻、リース・ウィザースプーンも証人として出廷へ

 映画『クルーエル・インテンションズ』で共演したライアンとリースは、1999年にできちゃった婚。2人の子供を授かったものの、2007年に破局。しかし離婚後も、協力しながら2人の子供を育て、良好な関係を築いてきたといわれている。  モデルで元パートナーであるアレクシス・ナップとの間にも子供が1人おり、計3人の子どをも持つライアンだが、子供をとても大切にするイクメンとして知られている。  女性に囲まれて成長し、女性の権利を支持してきたにも関わらず、偽のDVを告発されたせいで非常に気分を害されたと主張するフィリップ。裁判の行方はいかに……。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ