News

小泉進次郎のポエムと、純一郎パパの迷言。その破壊力を比べてみた

③進次郎のポエム、父の恫喝

 さて、ここまでで、なんとなく見えてきたことがあります。それは、進次郎氏は“いい人”なのではないか、ということ。スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)の鬼気迫るスピーチに感銘を受けると、自身も新作ポエムを発表してしまったのです。 ●進次郎「今のままではいけないと思います。だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている」 (2019年9月23日 ニューヨーク) “いい人”なので、大事なことは2度言ってしまう。そのホスピタリティこそ、ポエマーたるゆえんなのかもしれません。  一方の純一郎氏。発言を読み返すと、ここぞの場面では、“思う”だとか“感じる”というあいまいな表現を避けてきました。 ●純一郎「内閣の方針に反対する勢力、これはすべて抵抗勢力であります」 (2001年5月9日 衆議院本会議) ●純一郎「郵政民営化に賛成する候補者しか公認しない」 (2005年8月8日 衆議院解散後の会見)  普段はのらりくらり、煙に巻いてばかりなのに、いざ攻撃に転じると、相手の退路を断って詰め寄った純一郎氏。情緒的な進次郎氏とは対極の、ギラついた言葉づかいです。  というわけで、色々と考えてきましたが、進次郎氏はまだ大臣1年生。これからどんな変身を見せてくれるか、楽しみにしたいものです。 <文/石黒隆之> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
石黒隆之
音楽批評。ipodに入ってる曲は長調ばかりの偏食家
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ