Entertainment

綾野剛は嵐の大ファン。他の芸能人の“ガチファン”芸能人5選

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、世界各地でのロケで身体を張り続けている同番組のアイコン的存在、イモト。歌手の安室奈美恵の大ファンとしても知られています。小学5年生の頃からずっと大好きだったらしく、上京した目的も、彼女のバックダンサーになるためだったそうですよ。
イモトアヤコオフィシャルブログ

(画像:イモトアヤコオフィシャルブログより)

 安室が引退を発表した際には、同番組内でライブ前の安室をパパラッチして、イモトとのツーショットを狙うという企画が提案されましたが、イモトはこれに難色を示しました。ライブ直前の安室を思いやり、「最後の最後に嫌われたくない」という想いがあったようです。このイモトの姿勢は、Twitterで「ファンとしてあるべき姿」と称賛されました。  そんなイモトのように、自身も芸能人でありながら、別の芸能人の“ガチファン”を公言している人は少なくありません。イモトの他にはどんな芸能人が、誰のガチファンなのでしょうか?

綾野剛:嵐 番組で展開した“嵐論”が大反響

 綾野剛といえば、2016年公開の主演映画『日本で一番悪い奴ら』で第40回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど、その演技力と持ち前のルックスで大人気の俳優です。そんな彼は意外にも、アイドルグループ・嵐の大ファンなんだそうですよ。  嵐の冠番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演した綾野は、嵐・松本潤とのスポーツ対決企画で「勝算はあるか」と聞かれたところ、「ひとつ本質的な弱点があるとするなら、嵐は5人で嵐ですから。5(人)×20で100になるじゃないですか。ていうことはMJ(松本のイニシャル)だけだと20なんですよ」と答えました。この回答に、ネットの嵐ファンからは「“嵐は5人で嵐”だから1人あたり20の力を持っているという綾野剛くんの方程式、何か尊くて好き」、「泣かされた」など、大きな反響が寄せられたのです。  また、嵐のリーダーである大野智は綾野について「僕らも忘れているようなことを全部覚えているし、知っている!」と、綾野のガチファンぶりに驚きを隠せない様子でした。

松坂桃李:BUMP OF CHICKEN ライブでは大絶叫

 公開中の映画『蜜蜂と遠雷』をはじめ、数々の作品で活躍するイケメン俳優の松坂桃李。彼は、人気ロックバンドBUMP OF CHICKEN(以下、BUMP)の熱狂的なファンであることを、多くのメディアで公言しています。Twitterで投稿された写真で身につけているキャップが、ライブグッズだとBUMPファンの間では話題になったことも。  学生時代、先輩からオススメされたことでBUMPファンになったという松坂。俳優になってからもその熱は冷めていないようで、日本テレビ系のトーク番組『おしゃれイズム』では、普段はテンションが低いのに、BUMPのライブに行くと「ウオー!」と絶叫しながら跳ね回っていることを、マネージャーに暴露されていました。  そんな松坂のBUMP愛は本人たちにも伝わったらしく、BUMPのライブドキュメンタリー作品『BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014』のオープニングアニメーションでは、松坂が主人公キャラの声優に抜擢されたほど。

指原莉乃:Berryz工房 アイドルを目指したきっかけ?

 選抜総選挙で4度トップに輝くなど、AKB48グループの頂点を極めた指原莉乃。彼女は、アイドルグループのBerryz工房の大ファンを公言しているんです。2012年5月に放送されたフジテレビ系の音楽番組『魁!音楽番付 Eight』では、まだ中学生で一般人だった指原が、Berryz工房の熊井友理奈宛に書いた熱烈なファンレターが公開されていました。  2015年3月、Berryz工房の活動休止前ラストライブとなった日本武道館公演に立ち会えなかった指原は、その当日に「気持ちは武道館。。。コンサート、握手会。。いまでも鮮明に思い出せます。不登校だった指原に希望をありがとうございました。これからもずっと大好きなグループです。」と、グループへの深い感謝をツイートしています。  中学時代からBerryz工房が大好きで、のちに同じアイドルの道へ進んだ指原。アイドルを志したきっかけは、Berryz工房への憧れだったのかもしれませんね。
次のページ 
蒼井優&山里涼太夫妻もあのアイドルのガチファンだった
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ