Entertainment

妻夫木聡、ローラも…実は「読者モデルだった芸能人」6選

 事務所には所属せずあくまで一般読者として誌面に登場する「読者モデル」。ファッション雑誌の読者モデルとして登場して、少しずつ人気に火がつき、やがて芸能界デビューを果たすというステップは珍しいケースではありません。俳優やタレントとして、すっかり現在の確固たる地位を確立している人でも、実は読モからキャリアが始まった…なんて方も多いんです。そこで、読モから芸能界入りした芸能人を一挙にご紹介しましょう。

妻夫木聡は伝説のファッション誌の読モだった!

『UOMO(ウオモ)』2019年04月号

『UOMO(ウオモ)』2019年04月号

 女優で妻のマイコが現在妊娠中で、今年の冬に出産予定と言われる、妻夫木聡。イケメン俳優としてすっかり定着した彼ですが、現在は廃刊となっている『東京ストリートニュース』というファッション誌の読者モデルを高校生のときにつとめ、“スーパー高校生”と呼ばれていた人物。  その後、オーディションでグランプリに選ばれたことから、俳優になったそう。ちなみに『東京ストリートニュース』には、押切もえがモデルをつとめていたことも。

小雪は高校時代に『non-no』で読モデビュー!

『小雪 美の養生訓』

『小雪 美の養生訓』

 夫、松山ケンイチとの間に3人の子供をもうけた、女優の小雪。高校3年生のときに、雑誌『non-no』の読者モデルに応募して専属の読者モデルとなりました。高校卒業後は看護学校に進学したものの、モデルを目指すことを決意して、中途退学したそう。  その後、テレビドラマや映画、CMなどに抜擢されるようになっていきました。透明感のある肌や凛としたたたずまいから、唯一無二の女優として成功していったひとりでしょう。

千葉雄大は読モ→戦隊ヒーロー出演

『CHOKi CHOKi 2019』

『CHOKi CHOKi 2019』

 女子たちが「かわいい!」と褒めちぎるのが、ドラマや映画で活躍の場を広げている、俳優の千葉雄大。もともとストリートファッション誌『CHOKi CHOKi』のモデルとして活躍していた経歴があります。その後、この雑誌を見たスカウトマンから声をかけられ、芸能界入り。「天装戦隊ゴセイジャー」に出演していたという経歴も、今のキュートな姿とは大きなギャップがあるのかも。
次のページ 
実はあのタレントも!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ