♂&♀

夫が太って性欲がわきません。それで不倫してる私はダメな女?|性活相談

「信頼」はもはや願望に近い?!

 一方、信頼は、経験的判断によるものであり学習の結果だと考えられています。対象となる人物を、過去の自分のデータと照らし合わせ、信じられるかどうか判断した結果が信頼であり不信、警戒、不審です。  「信頼」はもはや願望に近い?! 一見この判断は冷静な客観的なもののようですが、個人の判断であるからどうあがいても主観的であり、願望とも言えます。だから頻繁に間違うのです。「こんな人だと思わなかった」「信じていたのに…」「裏切られた」と嘆き相手を責める人が多くいますが、元を正せば自分の判断が間違っていただけです。信頼が驚くほどもろいのは、どうしても願望が込められてしまうからです。  では、AI(人工知能)が判断した信頼なら間違うことは無いでしょうか? ゼロとは言い切れませんが、人間が判断するよりは信頼できる信頼だと思います。でもそれだと、自分が心から信頼しているのは相手のことではなくAIですからいまいちしっくりきません。やはり最終的な判断を自分でしていることが、信頼と呼べるものなのです。だから、「騙された」と相手を責めるのはおかしな話で、相手が信頼させようとしていたとしても、信頼したのは自分なのだから、「裏切られた」ではなく「間違った」と自責するべきなのです。  話が少し逸れましたが、要するに信頼とは、経験的判断でもあり個人的願望でもあるのです

「信頼」がなくても「性的対象」になる

 対象の相手を願望でとらえた部分は、実際の相手とは違う人物になっている可能性が高いです。恋愛は幻想で起こるので、願望の押し付けの最たるものです。だから間違います。あなたが夫さんに抱いた信頼も、個人的願望の部分があったせいで今になって悩むのです。  そして、何より決定的なのは、性の対象は信頼がない人もなり得るという事実です。相手の事をよくわかっていなくても、その人に性欲を抱くことができます。これ、どちらかと言えば男性に多い傾向ですが、女性にも当てはまります。もう無茶苦茶でしょ。でもそういうものなのです。

ここまでを図でおさらい!

 ここまでをまとめたものを図にしました。 ここまでを図でおさらい!(①はプロ男優のように、性の対象を意図的に広げていく人。③は押し付けがましく融通が効かないタイプ)  あなたは、経験的判断に基づき信頼した相手であり、ずっと性の対象になり続けるだろうという予測で、②に夫さんを当てはめ結婚しました。ですが、まず夫さんが太ってしまい、性の対象から外れました。性の対象の変動可能部分でカバーできればよかったのですが、その範疇も超えたのか叶わなかった。  それは、あなたの性の好みの範囲が狭いからではなく、信頼に願望部分があったせいで相手を見誤っていたからです。  でもこれはどうやっても仕方ないのです。あなたが持った信頼は、夫さんに対する信頼であり、そういった判断をした自分への信頼です。その瞬間はその選択が正しかったとしても、時間によって性欲のあり方や個人的願望、相手の生き方がどう変化するかは誰にもわかりませんから間違うものです。間違うというか、予想を立てても意味がないのです。  性的対象と信頼が一致し続けるのは、限りなく不可能に近いのです。
次のページ 
1人だけに性欲を抱き続けることの難しさ
1
2
3
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.




あなたにおすすめ