Entertainment

天才歌手が公演中に「クズ、バカ」と暴言。その理由に賛否わかれる

 数々のヒット曲を生み出した天才的歌手のエルトン・ジョン(72)。ナイトに叙勲され、「サー」の称号も持つ偉大なアーティストだが、問題発言が多く、すぐキレることでも知られている。  先ごろ出版された自伝でもきわどい話を色々と暴露して、注目を集めたサー・エルトン・ジョン。今度は、コンサート中に警備員に「クズ!」などと暴言を吐いたことで騒然となっている。
エルトン・ジョン

エルトン・ジョン

 先月30日(土)、「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーの一環として、オーストラリアでコンサートを行ったエルトン。豪ツアー初日となったこの日、西部の都市パースのHBFパーク・スタジアムにて公演を行っていた際、“事件”は起こった。  公演のさなか、観客席にいた女性を会場から連れ出そうとした警備員を発見したエルトンがブチ切れ、会場に怒号がこだましたという。  ファンを手荒に扱ったとして警備員に暴言を吐いたエルトンだが、そのあとすぐに、公演中に声を荒げたことをファンに謝ったそうだ。当時会場に居合わせたテレビ司会者のルイーズ・モンバーは、地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」にこう話している。 「エルトンは怒り心頭でした」 「『女性に対する暴力は許せないから何か言わずにはいられなかった』のだと」 「次の歌を歌い終えた後、すぐに謝っていたけど、こういったことには本当に熱くなってしまうと話していました」 「これまで見たことのないエルトンの一面でしたね」 「世界で最もビッグなミュージシャンが、警備員にあそこまで怒りをあらわにするとは……」  さらに、自分が司会を務めるローカル番組『トゥデイ・パース』でもこの件について取り上げたモンバー。番組の中では、SNSに投稿された動画として当時の映像も公開された。その映像には、エルトンがステージからこんなふうに叫んでいる音声が記録されている。 「おい、お前ら、その女の子といる2人の警備員だ、失せろ」 「その子をすぐさまここに連れてくるんだ。早くしろ。アホが!」 「馬鹿どもが、お前ら2人のことだよ。女の子の扱いがなってねえな。放してやれって、クズどもが」  映像を見る限り、観客席からは拍手や歓声があがっているが、SNSでは「エルトンの暴言で場の雰囲気が台無しにされた」と批判する声も寄せられているという。  ちなみに、その女性がなぜ会場から追い出されそうになっていたかは、明らかになっていない模様。ただ、会場の広報は後日「シドニー・モーニング・ヘラルド」にこう話していた。 「その状況でセキュリティチームは適切に行動していました。我々はエルトンのチームと協力し、アーティストと観客のために、イベントの安全を確保し、成功するよう働いていたのです」  過去にもコンサート中にキレたことで知られるエルトン。ファンにとっても決してめずらしい出来事ではないのだが、今回の件については賛否がわかれているようだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ