Entertainment

田中みな実の写真集が30万部突破。女性ウケが良い理由とは?

 フリーアナウンサーの田中みな実の初写真集『Sincerely yours…(シンシアリー ユアーズ)』(宝島社)が増刷され累計30万部となり話題です。
田中みな実1st写真集『Sincerely yours...』(宝島社)

田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)

 興味深いのは、男性だけでなく、少なからず女性も買っている模様であること。SNSでは女性と思われるアカウントが購入した田中みな実の写真集の感想を投稿しています。  この状況を女子アナウォッチャーのライター・上杉純也さんに解説してもらいました。(以下、上杉さんの寄稿です)

田中みな実の写真集には女性からもウケる要素が詰まっている

 今回の田中みな実の写真集は、まさに男性からもそして女性からもウケる要素が詰まっています。
(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours...』(宝島社)Amazon販売ページより)

(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)Amazon販売ページより)

 大胆なランジェリーショットでドキッとさせられる1枚があるのですが、それが美バストだったりするので、女性からするとナチュラルな美しさに見えることもあるでしょう。  さらにジーパン姿でトップスをめくりあげると胸の下半分をチラッと見せているショットなどはまさに“大人の色気”を感じさせてくれましたし。
(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours...』(宝島社)Amazon販売ページより)

(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)Amazon販売ページより)

 また、つい先月33歳になった彼女ですが、33歳に見えない若さも同居している点も見逃せません。30歳超えてもあの美しさを保っているという意味では20代女性の憧れでしょう。
(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours...』(宝島社)Amazon販売ページより)

(画像:田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)Amazon販売ページより)

 ちなみに彼女は局アナ時代に“ぶりっ子キャラ”でブレイクして多くの男性ファンを獲得しましたが、その代わりに“嫌いな女子アナランキング”では常に上位にランキングされる存在となってしまいました。  ただ、そのぶりっ子は作りものでフリーに転身してからの彼女の言動を見ると、出来るだけ本音を包み隠さず、ストレートに、自分に正直に生きようとしていることが伺えます。女優業に挑戦して大胆なラブシーンも話題になりましたが、やる以上はやるという覚悟も感じられました。そういう点が徐々に女性にも伝わっていってると思います。
 最近は海外の女性セレブもインスタグラムなどのSNSでかなり大胆に肌を露出したショットを載せていますが、そのどれもが美しいせいか、男性よりもむしろ女性の間で話題になったりしてますよね。  そういう意味で美しければ大胆な肌の露出も女性にはOKという風潮も後押ししていると思います。

女子アナがフリー後に必要なのは“女性人気”

 女子アナはそもそも局アナ時代から人気商売のような部分がありますが(某好きな女子アナランキングとかですね)、それがフリーになろうものなら、さらに拍車がかかります(完全な個人事業主ですし)。  そういう意味で最も重要なのが“女性人気”。局アナ時代のファン層は若い人からおじさんに至るまで圧倒的に男性が多いわけです。いち会社員でいるうちはそれでもOKなのですが、フリーに転身した場合、女性人気……特に20代や30代の女性人気も取り込まなければ、この今の時代の熾烈なフリー女子アナ戦国時代を生き残っていくことは出来ません。仮に取り込めなくても、これらの層に最低限嫌われないことが大切なのです。  このポイントを踏まえてみると、例えば2006年にフジテレビを退社し,フリーになった内田恭子は資生堂を始めとする女性向けのCMに出演して、美しさや親しみやすさ、身近な感じをアピールし、ファン層の拡大に成功しています。
 なかでも特にインパクトがあったのが日清食品の『カップヌードルライト』でしょうか。ウォーキングマシンで運動している途中で一気に服を脱ぎ捨てると次の瞬間には首の下からひざくらいまでがカップヌードルの容器で隠されていて、肝心な部分が見えないという流れ。  ですが、これが清楚なイメージにも関わらず、その“脱ぎっぷり”が良いというギャップを生み、また同時に面白い、さらに身体がキレイ……などなどの好評価に繋がり、女性人気を獲得するという意味で非常に重要な作品となったと思われます。
 内田恭子のこうした一連のCM戦略ともいうべき手法は滝川クリステルや加藤綾子にも受け継がれており、多くのCMに出演して、その美しさや聡明さ、ときに親しみやすいお茶目な姿を披露し、女性のターゲットに向けてのアピールに成功したといえます。
次のページ 
女性のための“美”が重要
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ