Gourmet

ネスレ、ドトール…お家カフェラテの正解を調査。簡単&コスパ最強は?

 手軽に、おいしく味わいたい。 お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは? ふわふわ泡と濃厚ミルク感。ブラックコーヒーよりも優しくお腹を満たしてくれるのが、「カフェラテ」ですよね。スタバなどのコーヒー専門店で飲む一杯は格別ですが、値段もそれなり。お家では無理せずなるべく簡単に、リーズナブルに味わいたいものです。  そこで今回は、簡単においしく! 「お家カフェラテを楽しむコツ」をご紹介。手軽なパウダータイプを中心に、最新トレンドをお届けします。

お家でカフェラテを簡単においしく楽しむ手法

 まずはじめに、自宅でカフェラテを作ることを考えた場合、大きく分けて5つの手法に分類でき、“作業の簡単さ”を優先して並べてみると、以下のようになります。 ①カフェラテ専用パウダーをお湯で溶かす⇒1杯10~25円程度 ②インスタントのブラックコーヒーに、ミルク(ポーション/パウダー)を加える⇒1杯30~60円程度 ③インスタントコーヒー顆粒(ブラック)を、ホットミルクで溶かす⇒1杯40円~70円程度 ④エスプレッソメーカーで専用ポーションを使って作る⇒1杯150~200円程度(機器は別途) ⑤コーヒーショップ並みに本格的に作る⇒1杯100円~(機器は別途) ※金額は目安です。  このうち、「面倒でないこと」を最優先させて場合、生き残るのは①と②。そこで今回は、①②についての最新トレンドや選び方についてご紹介していきたいと思います。

①カフェラテ専用パウダーをお湯で溶かす

⇒どのメーカーも味に大差なし! フォーム感、濃さ、ヘルシー度に特徴があるものをチェックして賢く選ぶべし お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは? 最も簡単な手法である、お湯で溶かすだけの専用パウダー。最新で出回っている各社の製品をほぼほぼ試飲してみたところ、ある結論に。それは、どの製品も大差はないということ。基本的には甘味がついたタイプであり、ミルク感・泡感は若干の違いはあれど、風味や味わいで大きく変わるものはありません。とはいっても、テイストや健康系ポイントを細かく打ち出したアイテムがたくさん登場しているので、それらの傾向をチェックしておくことにしましょう。

(1)味の素AGF「Blendy」シリーズ

お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは?

味の素AGF「Blendy」シリーズ

 ブレンディは、最もメジャーなカフェラテパウダーかもしれません。最近では、濃厚タイプ、甘さ控えめなほろ苦タイプ、カロリーハーフ、カフェインレスなどが登場し、ニーズによって使い分けられるようになっています。

(2)ネスレ「ネスカフェ エクセラ ふわラテ」シリーズ

お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは?

ネスレ「ネスカフェ エクセラ ふわラテ」シリーズ

 もう一つのメジャーブランド、ネスカフェからは、ラテの“ふわふわ感”に注目したシリーズは発売されています。ブレンディと同様、カロリーハーフタイプや甘さ控えめタイプが主流で、他にはキャラメルラテもラインナップされています。コスパ重視ならネスカフェかもしれません。

(3) いつもとちょっと違う味が楽しみたい人へ

●日本ヒルスコーヒー「モダンタイムス ミルクコーヒー」 ●ドトール「コーヒー専門店のほろにがカフェ・オ・レ」
お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは?

●日本ヒルスコーヒー「モダンタイムス ミルクコーヒー」
●ドトール「コーヒー専門店のほろにがカフェ・オ・レ」

 いつもとちょっと違ったものを楽しみたい人には、泡が一切ないタイプのミルクコーヒーや、ドトールブランドがオススメです。こちらも1杯10~20円台で味わえるので、覚えておくとバリエーションが広がり、楽しいカフェラテライフが楽しめます。

②ブラックコーヒーにミルク(ポーション/パウダー)を加える

⇒コーヒー本来の味わいにこだわりたいなら、断然オススメ。ミルクポーションはリキッドタイプを健康志向で選ぶべし。 お家カフェラテは何が正解!? コスパ高の選び方とは? フリーズドライの技術は進化していますが、コーヒー本来の風味や香りを重視したい場合は、ドリップコーヒー+ミルクポーションが断然オススメです。値段は1杯30~60円と少々上がりますが、コーヒーショップで飲むことを考えれば格安。ミルクポーションは、パウダータイプもありますが、濃厚さを考えるとリキッドが良し。健康面で不安視されているトランス脂肪酸不使用のタイプ、カロリー・脂肪分を半減したタイプなどヘルシーなものも登場しているので、価格よりも味にこだわりながら、健康にも配慮したい人には最適と言えるでしょう。 <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ