Lifestyle

夏は“軽い”女になる!スッキリできる3つのマストアイテム

 今時、デキる女たちはこぞって“軽い”らしいです。

 ごちゃごちゃ荷物を持たずカバンの中身はスッキリ、身につけるものも“軽さ”が大事なんだとか。確かに薄着になる夏は心に羽がはえるようだし、軽いスニーカーをはけばどこまででも歩いていけそう。心と体のアクセルを踏み込むのに、物理的にも“軽い”ことが必要なんですね。

 もうすぐ夏。行動力に磨きをかけていくために、働く女子たちにおすすめなとびきり“軽い”アイテムをご紹介しましょう。

重量たった98g!「極軽カーボン」傘



 まずは、これからの季節にマストな傘。おすすめはウォーターフロントの「極軽カーボン」です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=97463

ウォーターフロント 折り畳み傘

ウォーターフロント 折り畳み傘

 梅雨時期からゲリラ豪雨のころまで、ずっとバッグにしのばせておいても気にならないその重量、なんと98g! 卵2個分に満たない軽さです。

 ウォーターフロントは日本一の洋傘シェアを誇る日本発ブランド。丈夫で時代に合った傘を、低価格で作っています。

 他にもスマホサイズのものや薄いものなど、働く女子のカバンにぴったりなカラフルな傘が揃っていますよ。筆者も旅行のときも必ずこれを持っていきます。UVカット率90%なので、日傘としても使えるから便利!

●ウォーターフロント 折り畳み傘¥1000(税別・送料別)

チタン製で軽さを実現 女性のための腕時計



シチズン クロスシ―「ティタニア ライン ミニソル」

シチズン クロスシ―「ティタニア ライン ミニソル」

 お次は、時計。今年の春「シチズン クロスシー」からデビューし、とにかくその究極の軽さが話題になった「ティタニア ライン ミニソル」。6月5日にダイヤモンドと白蝶貝が輝く’14年夏の限定モデルが登場したばかり。雫で輝く花びらをイメージした文字板も華やか。

 こちらは、ケースとバンドにステンレスではなくチタニウムを採用したことで軽さを実現しているわけですが、肌にやさしいので汗をかく季節でも安心してつけられそう。

 筆者は金属アレルギー予防のため、汗ばむ季節には汗+金属が肌に触れないように気をつけています。その点でもチタニウムというのは魅力(実際、耐ニッケルアレルギーウオッチだそう)。時計は素肌に密着させるものなので、きちんとしたものを選ぶことが大事ですよね。

 難しいチタニウム素材を美しく磨き上げ、さらに傷つきにくい加工まで施してあるとは、さすが日本メーカーの技術力。

シチズン クロスシ―「ティタニア ライン ミニソル」

シチズン クロスシ―「ティタニア ライン ミニソル」

 ちなみにこれはエコ・ドライブ電波時計なので、時刻合わせも電池交換もいりません。

 それに、流行の舶来時計じゃなくて日本の時計をしてる女性って芯の強い女性に見えるからフシギ! 

 女性だけじゃなく、個人的にはオメガやロレックスをしている人より、同じ値段なら上質な日本ブランドの時計をしている男性のほうが、俄然気になります。スマホで時間見てる場合じゃない!!

●シチズン クロスシー ティタニア ライン ミニソル限定モデル ES8090-56W(¥135,000+税)

まるで着用感ゼロ フレームの軽いメガネ



 そして最後にメガネ。ブルーライトをカットするPC用メガネも出て、もはや目の悪い人だけのものではなくなりました。これも、つけている違和感を極力少なくして、作業に集中しやすくなるものが欲しい!と思ってたら、出ていました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=97468

J!NS 「Air frame ZERO」

J!NS 「Air frame ZERO」

 J!NSのAir Frameシリーズから登場した「ZERO」。着用感ゼロを目指し、長時間装用でも快適に使えるようにデザインされています。PES素材とメタル素材を組み合わせたデザインで、見た目のかわいさを捨てていないのも女子としてはうれしいポイント。

 私は外出用ではなくPC用として、度数を下げたものを手に入れました。安いからなせるワザ、これも日本のかゆいところに手が届くデザイン力+技術力ですね。

●J!NS Air frame ZERO(¥7900+税)

 日本ブランドの恩恵にあずかって、これからの夏は“軽い”女でいきましょう♪

<TEXT/ありまみほ>

ありまみほ
三十路子持ちライター。30代向けファッション誌等で執筆中のほか、別名で占い師としてもひそかに活動し現在2誌に連載中。




あなたにおすすめ