Entertainment

人気歌手、息子のために「トイザらス」を貸し切る。反応は?

 ほんの数年前には、多額の負債を負い、自己破産していたラッパーの50セント。しかし、今年のクリスマスは、息子のために異例の大盤振る舞いをしたようだ。根っからのトラブルメーカーで知られる50セントが、愛する息子に贈った超破格のクリスマスプレゼントとは?!
50セント

50セント

 元パートナーでモデルのダフネ・ジョイとの間に授かった愛息子サイア君に、クリスマス気分を味わってもらいたいと思った50セント。なんと、現在7歳のサイア君のために、おもちゃ販売店「トイザらス」の一店舗を貸し切ったという。  50セントは、サイア君とお店を訪れたときの動画をSNSに投稿し、「サイアのトイザらス。最高だよ。良いホリデーを」とコメントを付けている。
 動画には、サイア君の似顔絵が施されたトイザらス店内や、サイア君が楽し気におもちゃを選ぶ様子がうつっている。さらに、50セントがサイア君に「ここにあるものは何でも買ってあげるよ。すべてがお前のものだ。好きなのを選びな」と話している姿も。  父の言葉通り、お気に入りのおもちゃを次々とカゴに入れていたサイア君。自分のSNSに「お父さんにクリスマスには『トイザらス全部』と頼んだ時、本当にそんなことをしてくれるとは思わなかったけど、本当にしてくれたんだ。パパ、ありがとう! 今まで一番のクリスマス」と記し、喜びを爆発させている。

数年前には、破産申請していたのに……

 息子のために大奮発した50セントだが、実は2015年に破産申請をしている。 「ヒップホップ界で最も稼ぐアーティスト」の1人であると同時に、金遣いの荒さでも有名だったが、追い打ちをかけたのがセックステープ訴訟で敗訴したこと。50セントが敵対視するミュージシャンの元恋人の性的な動画をネットに流出させたとして、多額の賠償金を支払うよう命じられたのだ。裁判では、原告側の女性に対して約7億8千万円の支払いが命じられ、わずか数日後に破産申請をしていた。  これ以外にも負債を抱えていた50セントは、当時の負債約25億円を5年かけて返済していくと約束。しかし実際には、わずか半年で完済したといわれている。  また最近は、テレビドラマの製作や映画出演など仕事が絶好調で、株式投資やビットコインでもぼろ儲けしたといわれている。まるごと一店舗貸し切りにするのに約1100万円かかったというが、そんな太っ腹なクリスマスプレゼントが実現したのも、このリッチな懐事情にあるようだ。
 大金をはたくほどサイア君を溺愛している50セントだが、実は別の元恋人との間にも息子がいる。しかし、かつてその元恋人への暴行疑惑が浮上したこともあり、息子とも不仲とされている。  このほか、ショーで下品な言葉を放ち逮捕されるなど、根っからのトラブルメーカーとして知られる50セント。その一方で、幼いころに母親が殺害されて不遇の子供時代を送り、2000年には銃撃事件で9発被弾しながら生還を果たすなど、苦難を乗り越えて成功をつかんだ稀有な存在でもある。  7歳の子供にそんな贅沢をさせるなんて……といった批判は当然あるようだが、問題児である50セントの「子煩悩な一面を見た」といった見方をする人も意外に多いようだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ