Lifestyle

友人のSNS幸せキラキラ投稿が突然止まった理由に「やっぱり…」

一体聡子さんになにかあったのか

 ちょっとだけ心配していた千景さんですが、別に個別で連絡するほどの関係ではないので、気づいたら思い出すこともなくなっていました。 離婚 夫婦 すると消息不明から1年たった頃、突然聡子さんが「実は離婚してました~!新居はちょっと広いから、逆に暮らしやすい! 家具も新しくして、心機一転頑張ります」と、事後報告の投稿が。 「ああやっぱりって思いました。昔からプライドが高く、弱みを見せない性格なので、きっと言えなかったのかなと。面白いのが、その投稿を境に、またキラキラ子育て投稿が始まったことです。とはいえシンママ(シングルマザー)だから忙しいのか、頻度は少なめ。ただ上げるとその都度コメントには『シンママなのにそんな手のこんだことしてて偉い!』といった称賛が集まっており、彼女も楽しんでいるようでした」

再婚、そして再び夫が画面から消え……

 無事再スタートを切った聡子さん。わかりやすい投稿は仲間内でちょっとした話題にも上がり、現在さらに進展があったそうです。 幸せそうな親子「なんと聡子、再婚したんですよ! またしても突然の報告でびっくりしたんですが、それ以降今度は家族自慢が加わるようになりました。『夫と息子は~』的な、良好アピールというのでしょうか。おそらく子どもさんが小学生に上がったから、子育て投稿って感じでもなくなったのかな。あとプライドが高いから、ステップファミリー(子連れ再婚)だけどうちは平気って感じを、よりアピールしたいのかなって、私は勝手に思ってます。  でも、これが最近進展があって、旦那さんの存在がふわっとまた画面から消えてるんです。だから仲間内では『また離婚の危機なんじゃないの?』って噂になってます」  結婚したら、誰でも幸せな投稿をしたくなるものです。ですが、キラキラの裏が漏れている人も意外と多いもの。SNSで何を発信するも個人の自由ですので、もちろんそれを詮索したり、あら探しする側が無粋なのですが、どうしても気になるのが人間というものです。  ちなみに筆者のママ友の中には「愚痴垂れ流し系ママ」と「キラキラ意識高い系ママ」の2パターンいますが、今後キラキラ投稿をもし自分がしたくなったら、謙虚に、そして過剰なアピールは慎もうと心に誓ったのでした。 <文/しおえり真生>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ