Gourmet

間食には、ナッツよりも断然「ノリ」がいい理由3つ

 おにぎりだけじゃ、もったいない。 間食するなら、ナッツよりも断然「のり」な理由とは おにぎりの定番と言えば、「海苔(ノリ)」。でも、“おにぎり以外で食べることはない”という人は少なくないでしょう。皆さんはノリを美容食として取り入れていますか? 渋いイメージがあるかもしれませんが、実はドライフルーツやナッツと比べてみると、かなりの魅力にあふれていることに気づきます。  そこで今回は、日本が誇る美容食「ノリ」の優れたパワーと、日常に取り入れられる3つのコツを合わせてご案内したいと思います。

のりがダイエット・美容向け3つの理由

間食するなら、ナッツよりも断然「のり」な理由とは そもそも板ノリとは、「海藻」を板状にして乾燥させたもの。日本の他にノリを食べる国としては韓国が有名ですが、中国やイギリスなどでも違う形状で食されています。では、日本のノリがダイエットに優れている理由を整理してみましょう。

①女性に不足しがちな「鉄分」「食物繊維」「カルシウム」を摂れる

 ノリ1枚(19cm×23cm、約3g)で、ほうれん草1/5束に含まれる鉄分を摂取できます。食物繊維はノリ1枚でバナナ1本分を摂取できます。また、合わせてカルシウムも含まれているので、ダイエット時に不足しがちな栄養素をカバーしてくれる強い味方と言えるでしょう。

②低糖質でカロリーが低い

間食するなら、ナッツよりも断然「のり」な理由とは ノリ1枚あたりの糖質量は、0.3g。また、カロリーは6kcal。つまり、ダイエットには最強のバランスであるということ。ナッツはカロリー、ドライフルーツは糖質が弱点になりますから、その点において、携帯するなら「ノリ」がオススメなのです。

③血糖値の急上昇を穏やかにしてくれる

 ノリに含まれる食物繊維が、血糖値の急上昇を穏やかにしてくれるため、白米のおにぎりをダイエット向きに変えてくれる救世主的存在です。おにぎりを食べる時以外でも、お弁当と一緒にノリを持参して“最初”に食べるというのが賢明です。  韓国のりもおいしいですが、ごま油や塩がついている点では、日本のノリの方がダイエット向きといえるでしょう。では次に、ノリをなるべく日常に無理なく取り入れる3つのコツをご紹介したいと思います。
次のページ 
ノリがもっと食べやすくなる工夫3つ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ