倖田來未が10kg痩せた「そうめんダイエット」の正しいやり方

 細く、長く、美しく。

 7月7日は、「そうめんの日」。七夕に恋愛、健康、芸事などの願いを込めて「そうめん」を食べると、成就するとの通説があります。
 そうめんを食べて恋愛成就。そしてさらに、ダイエットになったり、美しくなれたりしたら一石二鳥ですから、今回はそんなご提案をしてみたいと思います。

そうめん

美容のカギは、「冷つゆをやめること」



 倖田來未が毎日そうめんを食べ続け、3カ月で10キロ痩せたというのは有名な話。実際の真相はともかく、本当に大きな効果を期待して良いのでしょうか?

 そうめんをゆでて、氷水できゅっとしめ、冷たいダシつゆにつけて食べる。

 一見ヘルシー、しかもシンプルで美味しいことは間違いないですが、正直「美容食」とは言えません。問題は2つ。「身体を冷やすこと」と「思わぬカロリー摂取」です。

(1)夏の冷え性を悪化

暑さをしのぐ献立としては秀逸な冷そうめん。麺に水分をたっぷり含み、冷たいつゆにつけて食べるのですから、身体が冷えないわけはありません。冷房による冷え性に悩んでいる方は、要注意。冷え性や生理痛の悪化にもつながります。

(2)カロリーが定食以上に!?

ツルツルさっぱり食べられてしまうが故に、気が付くと何束も食べてしまったという経験はありませんか?そうめんは、通常2束が1人分。そのカロリーは343キロカロリー。ところが、お腹を満たそうとするあまり、倍量を食べてしまうことも。つゆや副菜などを入れると、定食やどんぶりもの並みのカロリーに。栄養的にも炭水化物と脂質(そうめんには油が入っています)ばかりで、良い事は何も起こりません。

 ところが、このそうめん。賢く工夫をすれば、美味しくて手軽なダイエットメニューに大変身!美容やダイエットの助けにもなる素麺の活かし方をご紹介します。

美しく痩せる!炒素麺(チャーそうめん)



 食べ過ぎを防ぎ、美容効果を狙うなら、ビューティー野菜とお肉をたっぷり使った「炒素麺」がオススメ。炒(チャー)とは油で炒める事。たくさんの野菜を食べる事ができ、栄養素の吸収率も高まります。ここでは、旬のゴーヤと豚肉を使った、コクうまそうめんの作り方をご紹介します。

⇒【写真】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=21403

炒素麺【材料(1人分)】
そうめん1.5束(75g)、ゴーヤ1/5本、豚肉100g、玉ねぎ1/2個、たまご1個、ニンニク1片、ショウガ1片、ソース大さじ2、油大さじ1、塩コショウ適宜、削り節適宜

【作り方】
そうめんを表示よりも1分短くゆでて、ザルにあげて一度水洗いし、水切りしておく。ニンニク、ショウガはみじん切り、野菜や肉は食べやすい大きさに切る。ゴーヤは種とワタを取って細切りにし、塩をふって揉み、水にさらして絞る。フライパンに油をひき、ショウガとニンニクを入れて火にかける。香りが出たら、塩コショウをふりながら豚肉と野菜を炒め、ゆでたそうめんとソースを加えて、全体にしっかり火が通れば完成。

レトルトカレーは優秀!ビューティーエスニックそうめん



 料理をするのが面倒な方にも、そうめん美容は可能です。美味しいレトルトカレーを使って「エスニックそうめん」を作りましょう!スパイスやハーブは、身体の新陳代謝を高め、発汗作用を促してくれます。ゆでるだけ、あたためるだけなのに、プロの味が簡単に実現します。

⇒【写真】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=21404

レトルトカレー オススメは、ヤマモリのタイカレーシリーズ。グリーンカレー(左)や蟹と卵のカレー(右)がとにかくウマイ!346円(税込) http://www.thaidancecafe.jp/concept.html

健康素材を練り込んだ「ヘルシー素麺」が人気



 そうめんそのもののパワーを底上げしたいなら、蕎麦、黒豆、モロヘイヤなどの「ビューティー食材を練りこんだそうめん」がオススメ。こだわり系スーパーやデパ地下、ネットショッピングでも気軽に購入が可能です。旅先のお土産コーナーでは、地元野菜を使ったそうめんも人気とのこと。

⇒【写真】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=21413

そうめん 左から、そばそうめん(田淵製粉製麺株式会社)、黒豆素麺(北尾商事株式会社)、ごぼうが入ったごぼめん(株式会社清家商会)。地域によって出回っている商品は様々、値段は300円~500円程度です。これらは、鍋のスープに入れるだけで、ちょっと贅沢な締め料理にも。乾麺のまま入れればOK、栄養成分を逃すことなく堪能できます。ちなみに、そうめん1束はご飯1膳よりも低カロリーなので、ゆっくり食べれば、自然なカロリーダウンも可能です。

 美味しいビューティそうめんで夏を楽しみましょう!

※「そうめんの日」の風習・言い伝えについては、全国乾麺協同組合連合会のホームページをご覧ください。
http://www.kanmen.com/

<TEXT , PHOTO/料理研究家・スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東京大学卒。東京大学大学院医学系研究科にて基礎医学を本格的に学ぶ。さらに久司マクロビオティックやオーガニックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。自身もサラリーマンとして仕事と家事に奮闘しながら、ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

トマトそうめん
ダイエッターは注意! 便秘の人に必要なも…
豚バラしいたけ
秋野菜は「トースターで焼くだけ」が一番お…
糖質オフダイエット,パスタ
若い女性の糖尿病が急増中。3つの“ダメな…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
今度は私から彼のにキスをしました
急に冷たくなった彼…占いで判明した意外な…
ラブ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored

◆スギアカツキ

東京大学卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse