“プチ愛人”になる女性が増加!その安~い見返り1位とは…

 今、一部の30~50代の男性で「セフレ以上、愛人未満」の彼女をつくる人が密かに増えているという。調査と取材を進めると、そこには世相を反映した、男女の思いがあった。

 なぜ今、短期間だけ“愛人”になる「プチ愛人」が定着しつつあるのか、女性の証言を集めた!

短期契約愛人

知り合った場所ナンバー1は「仕事」



 「愛人」というと、橋本マナミみたいな女性が、金持ちのパトロンに何年か囲われて、毎月ン十万円のお手当をもらって…というイメージがある。

 ところが今は、普通のOLや学生がちょっとした見返りで、短期間だけ“プチ愛人”になるケースが増えているらしいのだ。

 そこで今回、100人の「短期愛人」経験者にアンケートを取ってみた。

 出会いの場所としてもっとも多いのは、「仕事上で知り合った」というもの。実に4人に1人が、仕事上の付き合いから体を許す仲に発展していた。

=====
出会った場所とシチュエーションランキング
(複数回答)

1位 仕事上で知り合った(職場・取引先など) 25人
2位 友人・知り合いからの紹介 16人
3位 ナンパされた 14人
4位 会社の同僚(元同僚も含む) 13人
4位 合コン・飲み会 13人
6位 出会い系サイト 10人
6位 キャバクラで働いていて、そこのお客さん 10人
8位 SNS 8人
9位 昔からの友達 7人
9位 その他 7人

※短期愛人経験のある100人にアンケートを実施
=====

「職場の先輩で、おいしいご飯とお酒を飲みながら、相談に乗ってくれた」(24歳・医療関係)

「8歳上の上司で、サプライズなど、私の喜ぶことをよく考えてくれた」(25歳・食品製造)

 など、先輩や上司が多かった。

 また「短い間でしたが、40代の元上司の愛人になった。話が面白かったから」(28歳・自営業)というように、男性の財力や地位に関係なく、性格に惹かれている人も。

 これって不倫やセフレとどう違うの!? と思うが、なにかしらの金銭的な見返りがあるのが“プチ愛人”ということだろう。

愛人の見返りは「旅行」が1位



 では、その見返りとはどの程度のもの?

 「短期愛人になった見返り」として、100人中57人もの女性が回答したのが「旅行」だった。安っ!

 たとえばハワイで1か月豪遊させてくれても、昔ながらの「マンション1室+毎月のお手当」に比べれば安上がりではないだろうか?

 しかも、アンケートでは、国内外に短い旅行をするのが“見返り”と考える人も多かった。

「学生だったので、長期旅行で周囲にバレるのが怖かった」(24歳・事務)、「好きでもない人との長期旅行はちょっと」(26歳。アルバイト)などなど。

旅行 見返りとして「プレゼント」は意外と少なく、「手元に思い出を残したくない」という回答もあった。

 要は、「生活費は自分で稼いでるけど、食事・旅行・エステ代etc.とかのゼイタク代を男に出してもらって、代わりにエッチさせる」というのが、プチ愛人スタイルらしい。

 たしかに、そういう女性、周りにいます…。

=====
短期愛人になった見返りランキング
(複数回答)

1位 旅行 57人
2位 食事 44人
3位 プレゼント 22人
4位 心の支え 5人
5位 金銭 4人
6位 エステ・マッサージ 3人
7位 スポーツを行う・観戦する 2人
7位 セックス 2人
9位 英語を教えてもらう 1人
9位 相手がプロ野球選手だった 1人
9位 見返りなし 1人

※短期愛人経験のある100人にアンケートを実施
=====

―[プチ愛人]女性100人の証言【1】―

短期愛人契約
焼き鳥のオゴリで一夜を共に…美女がオッサ…
短期契約愛人
なぜインテリ女性が“週2で愛人”に?「タ…
短期契約愛人
貧乏OLなのに海外旅行しまくり…ヒミツは…
占い
恥ずかしいほど燃えた夜…。愛を取り戻せた…
ラブ
sponsored
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse