すっぱいミカンを美味しく変える秘技を農家で教わった

「エルメス」と「ミカン」は、王者の色!?

 「ミカン」の季節になりました。エルメス色に輝く「温州みかん(=ミカン)」は、日本原産の柑橘類。言わずもがな、海外生まれのオレンジにはないコクと旨みが自慢です。

 しかし、あまりにメジャー過ぎて、敬遠していませんか? 実はこのミカン、食べなきゃ損するほどの実力派フルーツ。冬場の美容・健康を考える上で、絶対に外せないスター選手だったのです。

 そこで今回は、「ミカン」の魅力と、美味しい食べ方についてご紹介したいと思います。

ミカン

ミカン農家は口内炎知らず!?



 美味しいミカンを求めて伺ったのは、湯河原で古くからミカン作りを営む「飛田柑橘園」。温暖な相模湾に面し、日当たりの良い段々畑で獲れるミカンは、誰もが喜ぶ格別の味です。

ミカン そもそもミカンは、非常に優れた美容フルーツで、豊富に含まれる「ビタミンA」と「ビタミンC」が、美肌と丈夫な皮膚作りをサポート。論より証拠、オーナーの飛田泰典さんは、毎日10個以上のミカンを食べているせいか、吹き出物ゼロ、久しく口内炎で悩んだこともないんだとか。

 こんなことを聞くと、是非とも毎日食べ続けたくなりますが、世の中すべて、美味しいミカンばかりではありません。味が薄い、酸っぱい等、そんな問題児を美味しくするための秘技を教えてもらいました。

「貯蔵」するとウマくなる!



 ズバリ、「低温貯蔵」が美味しさを生み出すというのです。湯河原で作られる代表的なミカン「大津みかん」は、収穫後に冷暗貯蔵庫で2週間寝かされ、余分な酸味が抜かれて濃厚な果肉へと生まれ変わります。実はこの手法、家庭でも実践することができるんだとか。玄関などの涼しくて、比較的暗い場所にミカンを並べて置いておくだけで、美味しいミカンに大変身するというのです。

 さっそく実践してみたところ、大成功。「酸っぱいミカンは、しばらく冷暗貯蔵」とおぼえましょう。

ミカン

冷暗貯蔵されたミカン。味の違いは歴然

ミカンの白い皮は、残さず食べるべし



 美容の話に戻りましょう。ミカンの皮をむくと、白い繊維上の内果皮(アルベド)がお目見え。このアルベドには、健康状態を底上げしてくれる「ビタミンP」がたっぷり含まれています。ビタミンPは、ビタミンCの効果を高めたり、血管強化や血中コレステロールの低下、抗アレルギー作用が期待できるため、残すことなく、よく噛んでしっかり食べるようにしましょう。スムージーにもオススメです。

ミカン

メタボや骨粗しょう症予防にも



 近年の研究において、ミカンに多く含まれる「β-クリプトキサンチン」が、メタボや骨粗しょう症の予防に期待できることが明らかに。その他、アンチエイジングやがん予防など、ミカンは全身の健康に寄与していると言っても過言ではありません。

イマイチなミカンこそ、ジャムには最適



 貯蔵しても美味しくならないミカンは、「ジャム」にしましょう。この「ミカンジャム」、酸味の強いミカンの方が良いそうです。少ない砂糖で果肉本来の美味しさを堪能でき、マーマレードが苦手な方にもオススメ。また、ジャム作りはストレス解消、癒やしにもつながりますから、時間を見つけて是非トライを。この季節、パンケーキやヨーグルトにベストマッチです。

ミカン●材料
・ミカン 5~10個
・砂糖 ミカン(外皮なし)重量の30%
・レモン汁 大さじ1
・紅茶の葉 ひとつまみ

●作り方
(1)ミカンの皮をむき、包丁で適当な大きさに切って鍋に入れる。
(2)鍋に半量分の砂糖を加えて、ミカンと和え火にかける。弱火で焦げないよう、時々かき混ぜながら15分煮込む。
(3)残りの砂糖を入れて、さらに15分煮詰める。火を止めて15分味を馴染ませる。レモン汁を加えて、強火で沸騰させ、火を止めて紅茶の葉を加えれば完成。

ミカン

発酵バターとの相性がバツグン!ミカンジャムパンケーキ

 味の乗った美味しいミカン。美容効果も期待しつつ、ゆっくりのんびり楽しみましょう!

※飛田柑橘園HP。美味しい貯蔵ミカンが購入できます。
https://hidakankitsuen.stores.jp/#!/

<TEXT, PHOTO/スギ アカツキ>

りんご
知ってた?おいしい「りんご」の見分け方3…
ヨーグルト+「フルーツセラピー バレンシアオレンジ」
ズボラ女子でも簡単!残暑に食べたいゼリー…
メイン
美容食スムージーが効かない人は作り方が間…
ワキ
ゲゲッ黒ずんでる…脇や乳首の黒ずみを夏ま…
ビューティ
sponsored
むくみ
太って見える「むくみ」。放っておくと恐ろ…
ビューティ
sponsored
こんなオーガズム初めて!
こんなオーガズム初めて!理性がなくなっち…
♂&♀
sponsored

◆スギアカツキ

東京大学卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse