Beauty

第一印象は眉毛で決まる?!「眉毛迷子」を解決/さよならブスメイク

「顔の印象を決めるパーツ」とも言われる眉毛。眉頭を強調したり、自然な濃淡がなかったりするとアウトなんです! ただ、眉毛を描くのに苦手意識をお持ちのも多いのではないでしょうか。  このようなお悩みを持つ方にオススメの書籍が『さよならブスメイク 自己流メイク卒業マニュアル』(著:すれみ、監修:TOMOMI/サンクチュアリ出版)です。
さよならブスメイク

自己流「ブスメイク」だった頃のすれみさん

 自己流メイクから試行錯誤を重ねて卒業したすれみさんが、自分にあったメイクのプロセスをTwitterにアップしたところ、18万以上いいねされバズりました。そのメイク術をもとにした書籍で、本当に自分に合うメイクがイラストでわかります。
さよならブスメイク

本当に自分にあったメイクのすれみさん

 今回はその中から「眉毛の基本」をご紹介します(以下、文とマンガはすれみさん)。

ファーストインプレッションは眉毛で決まる

さよならブスメイク●眉毛の基本  眉毛は1つのアイテムで頑張るのではなく、使い分けるのがコツ。さらに描く順番は「眉尻→眉頭」を守るだけで、仕上がりが劇的に変わります。

STEP1 理想の形を決める

さよならブスメイクアイテム:アイブロウペンシル ①黄金比の3点を確認する 眉毛が一番キレイに見える「黄金比」で眉頭・眉山・眉尻を決める。3点の位置を確認したら、アイブロウペンシルで薄く点を打つ。 ・眉頭…「小鼻」の内側の真上 ・眉山…「黒目の外側」と「目尻」の中間 ・眉尻…「小鼻」と「目尻」の延長 ②眉尻を下書きする 眉山と眉尻の点をつなげたら中を軽く塗りつぶす。目尻と並行にするイメージで。(眉頭から描くと濃くなりやすいのでNG!) ③毛がない部分は描き足す もとの眉毛が少ない場合は、毛が生えている方向にそって描き足す。
次のページ 
STEP2 色の濃淡をつける
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ