Entertainment

木下優樹菜、前田敦子も…「UFOに遭遇したことがある」芸能人8名

市川海老蔵 カメラでUFOを激写

市川海老蔵 カメラでUFOを激写

『市川海老蔵 眼に見えない大切なもの』

 歌舞伎役者の市川海老蔵も、都内で何度かUFOを見たことのある人物。2014年5日に自身のブログで「なんか変なの飛んでた…」と夜空を撮した2枚の写真をアップ。その翌日に東スポから取材を受けると、撮影時の様子を「車に乗っていたら、すごい光ってて動いてる物体があったから、変だな~と思って、慌てて車を止めて撮ったんだよ」と振り返りました。

ピーコ 「おいで」の掛け声でUFOが接近

ピーコ 「おいで」の掛け声でUFOが接近

『ピーことば』

 UFOを目撃して、しかも自分の意志で動かしてしまうことができるというのが、おすぎとピーコのピーコ。2010年10月放送の『「ダウンタウンDX」』(日本テレビ系)によると、東京の青山に住んでいたときにUFOを何度も目撃しており、バルコニーから「おいでおいで」と言ったらUFOが接近してきたのだとか。おまけに、ピーコの自宅には小さな羽が生えた天使も住んでいる…という不思議体験も過去のインタビューで明かしていました。

千眼美子 富山旅行中に目撃

千眼美子 富山旅行中に目撃

「夢の時間」

 富山県を旅行していたときにUFOを目撃したと、2018円8月の東スポのインタビューで語っていたのが千眼美子。一緒に目撃した友人は「赤い光が三角形に見える」と語っていたそうで、オカルト研究家の山口敏太郎氏の分析によると、トライアングルUFOの可能性が高いと見られるそう。  芸能人には、UFOを目撃した経験のある人がとても多いもの。昔は芝居などの芸事は神様と交信する手段だったため、現代でそれを仕事とする芸能人にも、同じように神様や宇宙と交信するスキルをもっている人が多くなるものなのかもしれません。 <文/佐藤まきこ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
佐藤まきこ
女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ