Gourmet

パリパリピーマンの簡単レシピ・作り方。生ピーマンを冷やすだけでウマすぎる!

冷やしチンジャオロース」のせ。
ピーマンとチンジャオロース…間違いない

ピーマンとチンジャオロース…間違いない

 ピーマンの代表的な料理といえば、チンジャオロースでしょ! ということで、炒めた牛肉と、チンジャオロースの素を混ぜ合わせた具材です。  ひんやりして夏にピッタリですね。具材は、冷蔵庫に保存しておけるので、作り置きのような便利さもあります。  牛肉だけでなく、タケノコも加えると、本格的な青椒肉絲になるのでおすすめです。 「豚のカリカリ焼き」のせ。
味付けは和・洋・エスニック…お好みで

味付けは和・洋・エスニック…お好みで

 豚肉を甘辛く炒めた具材です。今回はエスニック風にしたかったので、醤油の代わりにナンプラーを使用しました。  おつまみに最高の組み合わせ。生姜焼きにしたり、ガーリック焼きにしたり、好きな味付けにできるので楽しいと思います。  ただ、カリカリに焼きすぎると食べにくかったので、ほどほどにしておくのがおすすめです。

ピーマンの重量に変化あり?

 パリパリピーマンは、ピーマンを氷水に浸けて冷やすことで、パリッとした食感になり、苦味も少なくなります。  ピーマンは水分を吸収したのでしょうか。確認してみました。  まず、冷やす前の重量は368gです。
冷やす前は368g

冷やす前は368g

 冷やした後の重量は……。
なんと、56g増えていた!

なんと、56g増えていた!

 424gなので、56g増えていました! 写真を比べると分かるのですが、パツーンッと張りがでて、明らかにピーマンが若返っています。  ピーマンは水分を吸収することで、苦味がなくなり、ジューシーな仕上がりになると考えられます。

シワシワのピーマンはどうなる?

 少し鮮度が落ちたシワシワのピーマンでも、パリパリピーマンになるのか実験しました。
シワシワピーマン、果たしてどうなる?

シワシワピーマン、果たしてどうなる?

 写真中央下、シワシワのピーマンです。  氷水に2晩つけた後は……。
シワシワピーマンも若返る

シワシワピーマンも若返る

 みごと復活していました!  鮮度が多少落ちていても、美味しいパリパリピーマンに仕上がります。とはいえ、鮮度が良いに越したことはありません。  著者の経験上、厚みのあるピーマンを選んだほうがジューシーな仕上がりになります。

お腹に溜まるし、野菜不足も解消できる

 パリパリピーマンは、ただの冷やしピーマンではありませんでした。ピーマンがプリプリになり、かなりジューシー、食べ応えがあります。  また、のせる具材を何種類か作っておくと、手巻き寿司のような楽しみ方ができますよ。  肉を使った具材はお腹にたまりやすいので、満足度もかなり高いです。ピーマンもたくさん食べられるので、野菜不足にも◎  氷水に浸けるだけの簡単レシピなので、ぜひ、試してみてくださいね! <文/梅原しおり>
梅原しおり
早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ