Lifestyle

東京アラートの赤い都庁を「エヴァみたい」と見に行く夫にウンザリ…

 東京都は、新型コロナウィルス感染拡大に警戒を呼びかけるため、6月2日の23時に東京アラートを発動し、都庁とレインボーブリッジが赤くライトアップされました。  今回は、そんな東京アラートに対する夫の反応エピソードをご紹介しましょう。

「エヴァンゲリオンみたい!」浮かれて見に行く夫

 朝倉美優さん(仮名・35歳・主婦)は、夫のKさん(41歳・会社員)と結婚して8年目になります。 「実は先日、夫が東京アラートで赤くライトアップされた都庁とレインボーブリッジをネット記事で見て『エヴァンゲリオンみたいでかっこいい!』と興奮し、バイクで現場に見に行ってしまって」  美優さんが「不謹慎だよ!あれは、また感染者が増えないように警戒の意味でのライトアップなのに、浮かれて実物を見に行くなんて」と呆れると…。 「エヴァのアニメで、盛り上がった時に流れるBGMを大声で歌いながら私の声をかき消すと『特にレインボーブリッジは、結構見物客が来ていたよ。やっぱりあんな事されたら見に行きたくなるよな』なんて言うんですよ」 東京アラートおじさん

赤い都庁&レインボーブリッジと自分の2ショットをSNSにアップしようとする夫

 美優さんは「密になると危ないでしょ!そんなバカな事したせいでコロナウィルスに感染したら、医療従事者の方々に迷惑かけちゃうから止めて」とちょっと強い口調で注意しました。 「そしたらKが『うるさいな!こんな経験なかなかできるもんじゃないんだから、味あわせてくれよ』とSNSに、赤い都庁&レインボーブリッジと、自分の2ショット写真をアップしようとしたんですよ」  あわてて夫からスマホを奪い取り「恥ずかしいから止めてよ!」とキレる美優さん。 「その後、つかみ合いの大喧嘩になって大変でしたが…どうにかSNSにアップするのは阻止できました」 「ホントもっと危機意識を持って生活してよって思います。これはアニメじゃなくて現実なんだから」とため息をつく美優さんなのでした。  続いては、赤いライトアップに落ち込んだ夫をもつ女性に話を聞きました。

「なんか不気味で怖いね…」とシュンとする夫

新発見!あの「味噌汁の具」で、お肌が若返る【実験で判明】 佐々木香奈さん(仮名・28歳・主婦)は、夫のWさん(36歳・会社員)と結婚して2年目になります。 「夫は、新型コロナウィルスの影響でリモートワークになってから、ずっと必要最小限しか外出せずに過ごしてきたんですよ」  そして先日、東京アラートで赤くライトアップされた都庁とレインボーブリッジをニュース番組で見たWさんは「なんか不気味で怖いね…」とシュンとしてしまったそう。 「どうしたの?とたずねてみたら、『ここ2ヶ月位、ジッと家に居て頑張ってきたのに…まだまだ感染者がゼロの日も来ない上に、こんな怖い景色(東京アラート)を見せられて、ゴールが見えな過ぎて』と落ち込んでしまって」  それから「あまり食欲が沸かなくて」と、Wさんは食事を残すようになってしまいました。

日課のウォーキングも休むようになった夫

「リモートワークで運動不足のWと一緒に、人の少ない深夜1時頃にウォーキングするのが日課だったのですが、その日からWが『元気が出ないから、今日は行かない』と休むようになってしまって…心配なんですよ」  いまだに香奈さん1人でウォーキングしているそう。 「きっと夫は、頑張っても結果が出なくて心が折れちゃったのだと思います。真面目に自粛生活をしてきた人ほど、もしかしたら今頃疲れがドッと出るのかもしれませんね」 <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ