Gourmet
Beauty

日焼後の肌にいい「レスキュースープ」の作り方。内側からケアしよう

 汗だくになったと思ったら、冷房で急速冷凍。夏本番前に、体調不良を訴える人も多いですよね。『管理栄養士が教える美肌スープ』は、スープで美肌作りを目指す本。著者は管理栄養士、そして日本抗加齢医学会指導士でもある森由香子さん。基本のスープは19種類、アレンジ方法も載っていますので、主食にも早変わりますよ。
肌トラブル改善スープの作り方

(写真はイメージです)

 本書がなぜ肌に着目したかというと、「美しくて若々しい肌を持っている人は、たいがい身体も健康」で「肌細胞に十分な栄養を届けるためには、内蔵が健康であることが絶対条件」だから。たくさんの栄養が一度に摂れ、消化も良く、作り置きもOKなスープは、まさにうってつけ。  しかも本書は症状別、目的別にメニューが分類されているので、初心者にも簡単に作れちゃいます。 『管理栄養士が教える美肌スープ』

日焼け後のレスキュースープ

 夏だけではなく、もはや1年注意しなければならないのが紫外線。とはいえUVケアでブロックしても、この時期の紫外線ほど強力なものはありません。今日はいつもより肌がヒリヒリする、そんな時のレスキュースープがこちら。 ☆ベーコンとキャベツとパセリのスープ
日焼け後のレスキュースープ

画像は本書より(以下同)

【材料】 ※5日分。カッコ内の分量は2人分。 ベーコン(かたまり)  160g(80g) 玉ねぎ  1コ(1/2コ) キャベツ  1/4コ(1/8コ) にんじん  1本(1/2本) パセリ  1枝(1/2枝) 固形コンソメ  2コ(1コ) 水  3と1/2カップ(2と1/2カップ) 塩、こしょう  各適量 <作り方> 1 ベーコンは1.5㎝角の拍子木切りにする。 2 玉ねぎは4等分に切り、キャベツは大きめのざく切り、にんじんは太めの拍子木切りにする。パセリは小房に分ける。 3 鍋にベーコンを入れて弱火~中火で炒める。脂が出てきたら玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。 4 固形コンソメ、水、キャベツ、にんじんを加え、やわらかくなるまで煮る。パセリを加えて、塩こしょうで味をととのえる。 ※パセリの独特な香りが気になるなら、水菜に変えてもOK  脇役というイメージが強いパセリですが、調べてみてその栄養価の高さにびっくり。ビタミンCとEは、野菜の中ではトップクラス、おまけにカルシウムを骨に届けるビタミンKや、粘膜や皮膚の健康維持に役立つβカロテンも豊富なのです。「シミ、そばかすの原因を作る活性酸素の働きを抑えるには、ビタミンCとEが大量に必要」と本書。まさに理にかなっているというわけ。  ベーコンとキャベツのスープはわりとポピュラーですが、パセリを足すだけで美肌度はグンとアップ。私も作ってみましたが、パセリの苦味はアクセントとなり、いつもと雰囲気の異なる大人テイストのスープが出来上がりました。  アレンジレシピは、「トマトジュースを加えてトマトスープに」「好みの量のカレールウを加えてカレースープ、またはカレーに」等々。定番だからこその工夫が楽しめます。私はお茶碗半分のごはんを投入しリゾットにしたり、鶏肉を入れてタンパク質を強化してみました。ともに一皿で済むので、片づけも楽チンです。
次のページ 
冷房でカサついた肌のサポートスープ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ