Gourmet

コンビーフ缶で作る「簡単ハッシュドビーフ」、15分で完成しちゃう

 料理はしても、「しない」が新しい。昨今の料理本は、いかにラクをするかがテーマになっていますが、『めんどうなことしないうまさ極みレシピ』は、とにかく「しない」にこだわった本。著者のジョーさん。は料理研究家ですから、もちろん「美味い」もはずしていません。
シェフが作ったみたいなハッシュドビーフ風

画像は本書より(以下同)

 とはいえ本書は、「計量しない」「包丁を使わない」「余らせない」「火を使わない」で構成されているのですから驚き。別段変わった調理器具も使わず、誰かに自慢したくなるメニューがパパッとできてしまうのです。

缶詰で立派にハッシュドビーフ風

めんどうなことしないうまさ極みレシピ「今日、ハッシュドビーフ作ったの」。ついドヤ顔してしまいたくなるメニューのひとつ、ハッシュドビーフ。そんなハッシュドビーフ風の一品が、15分でできるのです。こちらは「計量しない」レシピの代表格。材料もそろえやすいので、ぜひトライしてみて。 ☆シェフが作ったみたいなハッシュドビーフ風 ※2食分 15分 【材料】 コンビーフ  1缶 玉ねぎ  中1個 トマトジュース  1パック(200ml) 牛乳  1パック(200ml) 固形コンソメ  1個 バター  1かけ(10g) ごはん  2膳 トッピング  刻みパセリ(ふたつまみ) <作り方> シェフが作ったみたいなハッシュドビーフ風・作り方1 玉ねぎを薄切りにする。 2 フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒めたら、コンビーフを加える。 3 コンビーフをほぐし混ぜる。 4 トマトジュース、牛乳、固形コンソメを加え、混ぜながら強めの中火で10~12分ほど煮詰める。器にごはんを盛り、フライパンの中身をかける。  私、本書を読んだその日に速攻で作りました。ハッシュドビーフ=薄切りの牛肉でなくてはならない、という概念をくつがえしているのが、まずカッコイイ。よくよく考えればコンビーフも牛肉ですからね、便利に使っていいわけです。それにしても、こんなにラクしていいの?という具合にササッとできました。しかもハッシュドビーフが醸し出す、ごちそう感はそのままなのです。
次のページ 
アイデアが秀逸な炊き込みご飯
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ