Beauty

胸の谷間がぷ〜んと汗くさい!胸汗ケアの制汗剤、専門家のおすすめは?

ミョウバン入りの制汗剤でニオイをケア

 では、何か良い対処法はないものでしょうか?  五味先生によると、「汗のニオイは、ミョウバン入りの制汗デオドラントを使って、汗や雑菌を抑え、ニオイを中和することによって防ぐことができる」とのこと。  多種多様な制汗剤がありますが、どれでも効くってわけではなさそうですね……。  五味先生は、「ミョウバン入りの制汗デオドラントには、①汗を抑える、②肌を弱酸性に保ち雑菌の繁殖を防ぐ、③アルカリ性のニオイ成分を中和する、という3つの効果があります」とその効果を説明したうえで、「ケアをしている安心感をもつことが重要」とアドバイスしています。 汗

「パウダーを胸や首筋につけて」皮膚科医が提言

 汗ばむ季節になると、ワキや足の制汗剤を使う人も多いと思います。それと同じように、胸汗対策の必要性を提唱しているのが、済生会川口総合病院の皮膚科医・高山かおる先生です。  接触性皮膚炎などを専門にする高山先生は、「胸の汗対策としては、①ムレを抑えるために、通気性がよくベタつきの少ない素材の下着を身につける ②急に暑くなったりほてったりするときに対応できるよう、カーディガンなど温度調節がしやすい服装選びをする ③室温などをマメに調整するなどがポイント」と提言。そのうえで、デオドラント成分が配合されたボディパウダーの使用をすすめています。 「朝、下着をつける前にデオドラントパウダーを胸や首筋に使用すると、防臭成分が肌に密着します。すると、汗のニオイやベタつきが抑えられて、一日中さらさら感が続き、快適に過ごせます。パウダータイプは、肌の敏感な方にもやさしくお使い頂けます」  外出時だけではなく、家で掃除やちょっとしたエクササイズをするとき、またお風呂上りなど、様々なシーンで使えるデオドラントパウダー。不快な汗トラブルを抑えて、さらさら感が長続きします。高山先生は、パウダーを使ったケアを習慣化することをすすめています。 「洋服を着るタイミングで、簡単にできるパウダーでのケアも、ぜひ習慣にしてみてください。蒸し暑い季節だけでなく、厚着になる秋や冬も胸汗ケアで快適に乗り切りましょう」
次のページ 
胸汗に使いたいパウダー制汗剤3選
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ