Entertainment

メガネ姿にキュン死!中村倫也、瀬戸康史…男のメガネ姿5選

「メガネ男子」という言葉があるように、メガネをかけている男性に“萌え”を感じる女性は意外と多いですよね。知的で頼りがいのある雰囲気が漂うし、いつもと違う表情を見ている気がしてギャップを感じちゃいますよね。
 メガネをかけていることがほとんどないイケメン俳優の中でも、映画やドラマの役柄によってはメガネを着用している姿を見られますよ。今回は、メガネ姿が萌えるイケメン俳優を5名紹介します。

瀬戸康史

 女優の山本美月との結婚を発表したばかりの瀬戸康史。2019年に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』で、主張を抑えた控えめなデザインのメガネをかけ、ヒロインに一途に思いを寄せる役を演じ切りました。  このドラマでヒロイン役を演じていたのが、現在の妻、山本美月でした。2人は2016年にもドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』で共演をしていますが、このドラマをきっかけに急接近したと思われ、『パーフェクトワールド婚』とも呼ばれています。ドラマでは恋に破れた役を演じていましたが、リアルではしっかり恋を成就させていたのですね。

菅田将暉

ドラマ『3年A組』公式サイトより

ドラマ『3年A組』公式サイトより

 個性派なイケメン俳優として映画やドラマに引っ張りだこの菅田将暉。コロナの影響で延期となっていた主演作の映画「糸」が、8月21日より公開されます。歌手としての活動も順調で、ますます目が離せない俳優です。  そんな彼がメガネ姿を披露したのは、2019年に放送され大きな話題となったドラマ『3年A組』でした。着用していたメガネはシルバーのフチ取りにまん丸のグラスという、わりと上級者向けのデザインでしたが、それをなんなく着用できる顔面偏差値の高さには驚かされます。『3年A組』は現在huluで観ることができます。
次のページ 
モラハラ夫を演じたあの俳優の、クールすぎるメガネ姿
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ