Entertainment

“カワイイもの好きなおじさん”が可愛い!新ドラマ「おじカワ」の眞島秀和が尊い

 8月13日にスタートした新ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ・日本テレビ系)、もうご覧になりましたか?
 普段は仕事がデキるイケてる第一営業部課長……なのに実はカワイイものが大好きという秘密を持ったおじさん・小路三貴(眞島秀和)が主人公の今作。「COMICポラリス」にて連載している同名漫画(作:ツトム)が原作で、小路をはじめとした本当の自分と周囲からのイメージのギャップに葛藤しながらも”推し”のいる生活を楽しむ男たちの暮らしぶりが描かれています。  第一話が放送されるやいなや、ツイッターでは、ハッシュタグ「#おじカワ」が日本のトレンド1位を獲得するなどの大盛り上がり。8月20日放送の第二話を前に、早くもドラマファンの間で「おじカワ旋風」が巻き起こりそうな気配が満々です。今回は、初回の放送を振り返りながらこのドラマの魅力について語りたいと思います。

カワイイもの好きな小路さんがとにかく可愛い!

 今作の主人公である、小路(おじ)はバツイチですが容姿端麗、渋みのあるダンディなジェントルマンで仕事もバリバリできる素敵なおじさんです。しかし、彼は子どもの頃から大好きな犬のキャラクター「パグ太郎」を何よりも愛し、心の癒しとしている意外な素顔を持っています。  枯れ専と呼ばれるおじさん好きな女性ならば、この前口上だけでも胸キュンが止まらないかもしれません。しかも、この主人公を演じているのが『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で潔癖症のゲイである武川政宗や今期大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で、細川藤孝を演じている眞島秀和。  バイプレーヤーとしてイケおじマニアからは密かに人気を博していた彼が、そのイメージにバッチリ合致したこの役を演じるとなれば、沸き立たずにはいられませんよね。実際にツイッターでも「小路さん役の眞島秀和が可愛い」という声が数多く挙がっていました。
 そして何より、いわば“推し”であるパグ太郎への想いと、反面で周囲にバレたくないと逐一葛藤する彼の生き様がたまりません。  第一話で女性社員たちがライバルである第二営業部の課長からパグ太郎のキーホルダーを仕事に不必要だからと処分を提言された際にも、小路さんは「推しグッズは仕事のモチベーションアップにつながる」とハッキリと断言。まあそれは、どこか自分の行動に後ろめたさを感じている小路さん本人を鼓舞する言葉でもあったわけですが……。  小路さんの姿を見ていると、自分自身も推しというものの存在の尊さを再確認できて、何だか幸せな気持ちになれるはずです。
次のページ 
小路さんの推しキャラ「パグ太郎」が可愛い!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ