Job&Money

楽天ポイントで得するコツ。2種類のポイント、使い分けてる?

「楽天経済圏」という言葉をご存じだろうか?楽天の幅広いサービスを指し、これらを活用すると固定費などが割安になるうえ楽天ポイントも貯まり、お得に生活できる。  例えば携帯代・固定ネット回線代だけでも、大手キャリアから楽天に乗り換えると年間33万6000円かかっていた通信費が12万9120円になり、約20万円の節約に。さらに各種支払いに使えるポイントまで貯まるのだから、バカにならないのだ。 [最得]楽天ポイント家族のススメ

通常ポイントと期間限定ポイントを使い分けて賢くゲット

 楽天ポイントを知るうえで、押さえておきたいのが「通常ポイント」と「期間限定ポイント」だ。前者は主に楽天カードの支払い時につく使用期限がないポイント。後者は、キャンペーンなどでもらえる、使用期限のあるポイントだ。  IT企業に勤務し、節約や副業、投資、出世術等をYouTubeチャンネル「アオイ係長の人生攻略術」にて発信するアオイ係長氏は、両者の使い分けについてこう語る。 「まず、通常ポイントを安易に楽天市場の買い物に使用していては最強家族にはなれません。ポイントで払うと差額分しかポイント獲得対象になりませんが、ポイントを楽天カードの引き落としに充当させれば、最終的な支払額は一緒でも、全額ポイントの対象です」

期間限定ポイントに要注意

 また、注意したいのが期間限定ポイント。用途が限られるため、使い切れない人も多いという。 「期間限定ポイントは、ほかのサービスに転用できます。楽天ペイに充当して街中の買い物に使用したり、楽天モバイル、楽天でんきの料金支払いに充てたりするのが得策です」  さらに、楽天市場内で通常ポイントが高還元されるショップ「楽天スーパーDEAL」を使用する裏技もある。 「『楽天スーパーDEAL』では、対象商品を期間限定ポイントで購入しても、通常ポイントが高還元されます。期間限定ポイントで購入し、通常ポイントを入手する、ポイントのロンダリングができるんです。さらに、楽天モバイル対象端末などの転売しやすい商品を購入すれば、高還元の通常ポイントを得ながら、転売後に現金も手に入り、よりお得です」  両者の違いを制してこそ、楽天経済圏攻略への道は開けるのだ。
[最得]楽天ポイント家族のススメ

ポイントの使い方に迷ったら、通常ポイントは楽天カードの支払いに充当。期間限定ポイントはランチ代や日用品の買い物など、楽天ペイで日常使いが鉄則

※本記事内の情報は8月13日時点のものです 【アオイ係長氏】 YouTuber。IT企業勤務。節約や副業、投資、出世術等をYouTubeチャンネル「アオイ係長の人生攻略術」にて発信中。ブラックカードを保持。 ― 楽天ポイントでお得に暮らす!― <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ