Lifestyle

安倍総理の持病・潰瘍性大腸炎。患者が語る「ナイフで切られるような痛みと苦闘」

 8月28日、記者会見にて安倍総理が辞意を表明。持病である「潰瘍性大腸炎」悪化を理由に任期半ばでの辞任を国民に伝えました。
 会見によれば、総理は「6月の定期健診で再発の兆候が見られると指摘を受けた。その後も薬を使いながら全力で職務にあたってきたが、先月中頃から体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となった」と説明。10代前半から患ってきた持病の深刻な悪化について語りました。  安倍総理が長年にわたって持病とする「潰瘍性大腸炎」とは一体どのような病気なのでしょうか。現在も懸命に治療を続けている男性に話を聞きました。 ※潰瘍性大腸炎の症状、治療法等については個人差があります。 <医療監修/一石英一郎医師、国際医療福祉大学病院(消化器内科)/予防医学センター教授(医学博士)。著書に『日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで』他>

国内患者数は約17万人。発症年齢のピークは20代の難病

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にある内側の層にびらんや潰瘍ができる炎症性疾患。下血を伴う、または伴わない下痢や腹痛が特徴的な症状です。直腸から連続的かつ上行性に病変が広がる性質を持ち、最大で直腸から結腸全体の広範囲に広がります。  発症年齢のピークは男性が20~24歳、女性では25~29歳。若年での発症が多いですが、小児や高齢者で発症する場合もみられます。発症原因についてはいまだ明らかになっていませんが、遺伝因子・食生活などの環境因子・ストレスなどの心理学的因子などによる影響が考えられており、非喫煙者は喫煙者よりも発症しにくいと言われています。

突然、便器が真っ赤に染まるほどの血便が……

潰瘍性大腸炎の現役患者である西原さん(仮名・25歳)

潰瘍性大腸炎の現役患者である西原さん(仮名・25歳)

 大手金融機関に勤める西原さん(仮名・25歳)が異変に気付いたのは、3年前。就活や卒業論文の制作に追われながらも、最後の学生生活を謳歌していた大学4年生の頃でした。  食事のあと軽い腹痛を感じるようになり、食事とトイレがセットのような日々に。最初は1日1回だった腹痛は次第に4回5回と回数を増し、普通の便ではなく下痢も混じるようになったといいます。 「当時は飲み会も多い時期だったので、『お酒の飲みすぎでおなかを下してしまったんだ』と思い、気にも留めていませんでした。ひどい痔に苦しむときもありましたが、だれにでもある症状なので、まさか自分が病気になるなんて考えていなかったですね」  しかし、飲み会の回数を減らしても症状はひどくなるばかり。食事量を増やしても体重は減少していき、西原さんの体重は1年間で75kgから60kgにまで落ちてしまったのです。また、この頃には便器を真っ赤に染める血便が定期的に出るようになっていました。  金融機関に入社した西原さんは、腹痛に耐えながらも慣れない業務や研修に励んでいました。しかし、入社して3ヶ月目に予期せぬ事態が……。
次のページ 
ナイフで内臓を切られるような痛み。夜間救急に…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ
この記者は、他にもこんな記事を書いています