Love

6年間も片思いしたまま結婚相談所へ。29歳女性のあっけない恋の結末

自信がついたタイミングで相手から連絡が…

 そのころ、片思いの男性から『今度、出張で茨城県に行くんだけど会えない?』と連絡がきたのです。
連絡

片思い相手から連絡がくるも、既に時遅し。

 しかし、雅美さんはそこで冷めてしまったのです。 「婚活で会った男性はお店を予約してくれたり、駅まで見送ってくれたり、自分に時間をかけてくれていたなと我に返ったんです。なんでこんな人を気にしていたんだろうって。会いたいと思えないし、もういいやと思いました」  婚活で出会った男性は、皆雅美さんのために時間やお金をかけてくれました。しかし片思いの男性はその真逆。ようやく我に返ったのです。

大人の片思いは怖い

 その後、雅美さんは婚活パーティーで知り合った方の告白をお断りし、同時期に告白された同じ職場の男性と結婚することになりました。外見も美しく、気持ち的にも余裕を持てた雅美さんは、とんとん拍子で話が進むようになったのでした。  大人の片思いは怖い。あっという間に片思い歴5年10年になってしまうのです。その間に、相手も年を取り別人のようなおじさんになっているかもしれないのに、現実と乖離した思い出に恋をしてご本人も年を重ねてしまう。  しかも、年をとるほど失敗も怖くなり、気持ちをぶつけて忘れる勇気もない。片思いはできれば半年以内に決着をつけ、前向きに行動していきたいものです。 ※個人が特定されないよう一部脚色してあります。 <取材・文/菊乃>
菊乃
恋愛・婚活コンサルタント、コラムニスト。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ