Fashion

ほんとに51歳?中村江里子、私服姿を大公開「ショートパンツもはきますよ」

着回しは考えず、ただ好きなものを買う

 では、最後に。中村さんにとっておしゃれとは? 「自分の心がウキウキするもの。楽しい気持ちになれるもの。そんな装いをすることがいまの私のおしゃれの基準です」  そんな中村さんの洋服選びのポイントとは? 「私の場合、洋服は買うときも着るときも、『ただ単純にそれが好き! 着たい!』という気持ちを一番大切にしています。買うときには着回しは考えないのですが、好きなもので揃えていると、着ているうちにいろいろと組み合わせが生まれます」 中村江里子 犬

流行遅れでもいいのです、好きだから

 流行については? 「買うときは素材がよくて、流行に左右されない品のいいデザインのもの。どんな色とも合うベーシックなものをベースにしています。そうして選んだものはずっと好きで、何年も着ることになります。プロの方や他の方から見たら、流行のものではなかったり、どこかラインが古いと感じられたりするところがあるかもしれません。でも、いいのです(笑)。好きだから! 長年連れ添って、まだまだいっしょに歳を重ねるつもりの大好きなものと、新しく加わった大好きなもので私のスタイルができているのかな…と思います」  買っても買っても、着るものがない。  昨年似合った色が、なぜかいま年は似合わない。  どこで洋服を買えばいいのかわからない。  若作りではなく、若々しい格好がしたい。  …etc.  そんな女性たちにとって、「自分らしい装い」のヒントになりそうです。 <文/女子SPA!編集部>
中村江里子
本名:エリコ・バルト/1969年東京生まれ。フジテレビのアナウンサーを経て、フリーに。2001年にバルト氏(化粧品会社経営)と結婚、パリに暮らす。現在は3児の母で、パリと東京を往復しながら各メディアで活躍中。ライフスタイルブック「セゾン・ド・エリコ」シリーズ、Instagram:eriko.nakamura_official
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ
この記者は、他にもこんな記事を書いています