Gourmet

タピオカの次は「台湾カステラ」が来る?ふわシュワ食感の手作りレシピ

150度のオーブンで60分の湯煎焼き

(6)カステラ生地をケーキ型に流し込み、表面を平らに整える。
台湾カステラ

表面を平らに

(7)予め温めておいたオーブンに入れて、150度で60分湯煎焼き(※)する。 ※湯煎焼きとは、カステラ型を置くオーブントレイにお湯を1リットルほど張った状態で焼くこと。
台湾カステラ

150度で60分湯煎焼き

焼きたても冷やしてしっとりした味も両方試して!

(8)焼き上がったらやけどに気をつけて取り出す。
台湾カステラ

焼き上がり

 熱いうちに型から取り出して、クッキングシートの側面をはがして切り分ける。
台湾カステラ

焼き立て

 食べる時に好みのサイズに切り分ければ完成。焼き立ての味は格別ですが、しっかり冷やすとよりしっとりするので、どちらもお試しいただきたい魅力があります。食べる時に豪快なビッグサイズを頬張れば、至福のおやつタイムになること間違いありません。
台湾カステラ

好みのサイズに切り分ければ完成

 さあ是非お気軽にお試しください! <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ