Love

年下男に150万円つぎ込んだ40歳キャリア女性。“猫っぽいヒモ男”の本性は… 

あっさりと彼と別れられたが…

茶白ネコの足・肉球 その後、彼が三枝さんの家に立ち寄ったタイミングで別れ話を切り出し彼も承諾。思ってた以上にあっさりと彼は三枝さんの家の鍵を返し、そのまま連絡はなくなったそうです。 「彼がうちにいたのは7か月くらいでしたね。その間に渡した金額は……覚えてるだけで150万円くらい。まあ、最後の方はだいぶせがまれることも減ってましたけど、もっといい金づるを捕まえたってことでしょう」

飼い猫は彼の本性を見抜いていた?

 はたから見ればダマされたように見える三枝さんの恋。しかし本人はあまり黒歴史とは思っていないようで「もう一生恋愛なんてしないはずだったので、楽しい道楽にお金を使ったと思うようにしました」とのこと。  ただ、その間に周囲に心配をかけたことだけは申し訳なく思っているそうです。 猫は見抜いたダメンズ「別れた後で友達に言われたんですよ。付き合い始めた直後に、彼と飼い猫の2ショットを撮影してその子に送りつけたことがあるんですけど『こんなに仲良くなりました☆ってメッセージがついてたけど、猫の顔めっちゃ嫌がってるじゃんって思ってた』って(笑)。  確かに今見たら、猫がもう彼のこと敵を見る目でニラみつけてるんです。ほんと、この件で一番迷惑をこうむったのってきっとうちの飼い猫でしょうね」  猫の男を見る目は、なかなか侮れない?! ―わたしの恋とマネー体験談― <文/もちづき千代子 イラスト/zzz> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。Twitter:@kyan__tama
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ