Lifestyle

高級スーパーのエコバッグでセレブ見え。明治屋 VS 北野エース

 レジ袋の有料義務化によって、生活必需品となったエコバッグ。いまやスーパーやドラッグストア、雑貨屋など、さまざまな店でオリジナルエコバッグが販売されていますが、ヘビロテするなら「ほどよくお洒落」で「丈夫」で「清潔に使える」ものがいいですよね。  ワンマイルのお出かけにもぴったりな、コットン製エコバッグを使ってみました。今回紹介するのは北野エースと明治屋のオリジナルバッグ。
左から、明治屋、北野エース

左から、明治屋、北野エース

両面ともお洒落な、北野エース

[W42×H33×D11cm]500円(税別)

[W42×H33×D11cm]500円(税別)

 エコバッグ選びで地味に重要なのが、洗えるかどうか。食料品の買い物に使っていると案外汚れますし、ウイルス対策の意味でも、気軽に洗濯できるコットン製だとありがたいものです。
実際に持つとこんな感じ

実際に持つとこんな感じ

 センスの良い商品セレクトをするスーパーマーケット「北野エース」は、エコバッグもやはりお洒落。シンプルながら、飽きのこない出来栄えです。

魚の干物のイラストが、なんとも可愛らしい

 ポケット無しのごくシンプルなつくりですが、持ち手は肩に掛けてちょうど良い長さで使い勝手が考慮されています。
このお魚は「アゴ」だそうです

このお魚は「アゴ」だそうです

 裏面には、アゴ(トビウオ)の干物をプリント。ちょっと脱力系のイラストなので、子供っぽい印象にならず、むしろ着こなしのアクセントになります。500円なのに両A面なデザインで、コスパ高しな一品。
次のページ 
明治屋は、大容量でポケット付き
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ