Entertainment

71歳デザイナー、美ボディ写真への世間の反応にショック「こんなはずじゃ…」

 今年5月、露出度高めのフィットネスウェア姿をSNSに投稿し、世間を騒然とさせた大物デザイナーのヴェラ・ウォン(71)。70代とは到底思えない美ボディに度肝を抜かれる人が続出したが、そんな人々の反応に本人はショックを受けているという。どうやら、ヴェラがその写真を公開した狙いは、全く別のところにあったようなのだ。

ネットで大騒ぎになった“あの写真”。本当の狙いとは?

 今年5月、自宅で自主隔離生活を送りながら、インスタグラムで日々の様子を発信していたヴェラ。そんなある日、人気ブランド『パーム・エンジェルス』の丈の短いクロップトップを着用し、鍛えられた腹筋があらわになった写真を投稿した。  すると、ヴェラのスタイルの良さに、ネット上はたちまち大騒ぎに。ヴェラは、米エンタメ誌『ピープル』で当時をこう振り返っている。 「完全にショックを受けました。正直に言うと、あの写真の狙いは髪に付けられたヘアクリップをお見せすることでした。ですが、ヘアクリップというのは写真の中で目立ちません。ならば着る物をできるだけ少なくし、私の髪とそのクリスタルのクリップに焦点を当てようということになりました。しかし実際には、私のパーム・エンジェルスのワークアウトのトップスに注目が集まってしまいました。本当にクレイジーですね」
 これまでハリウッドスターらが注目を浴びる傍ら、裏方の仕事をしてきたヴェラ。今回の反響の大きさに、驚きを隠せないようだ。 「女性たちをドレスアップして前に立たせるのが私の仕事です。ファッションデザイナーですからね。私はレッドカーペットで30年間、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞、エミー賞などを受賞した、本当に素晴らしい女性たちを着飾らせてきました。ファッションの祭典メットガラでは裾を直し、参加者の女性たちを表舞台に送り出してきたのです。ヴォーグ誌の編集者だった時代、私は多くの写真を生み出しましたが、常にカメラの後ろにいました。私は常にクリエイターであり、その題材ではなかった。だから今の状況は驚きです。嘘ではないですよ」

若さを保つために大切にしていること

 狙いは別にあったにせよ、当時とにかく注目されたのが、平らで引き締まった腹筋を含めたヴェラの驚愕ボディ。インスタを見たファンからは、「完璧!」「このボディ……うらやましい」「マジメに今いくつ?」などと驚きのコメントが殺到。そして、あるユーザーから「私もあなたみたいなお腹にしたい。どんな生活をしているの?」と質問されたウォンは、こう答えた。
「仕事、睡眠、ウォッカのカクテル、太陽は余り浴びない」  2人の子供を育てながら、会社を経営していたヴェラは、特に睡眠の重要性を強調する。 「もし睡眠をしっかり取っていなかったら、生き延びることはできなかったと思う。睡眠によって体は再生するわけだから、眠ることは本当に大切よ」  また少女時代はフィギュアスケートを習い、全米選手権にも出場した経験を持つヴェラは、若い頃スポーツに熱中したことが体形維持につながっていると考えているようだ。 「人生最初の16年間、体を鍛えながら過ごしたら、それがずっと残るんじゃないかしら。そのときについた筋肉が、体型を記憶するような気がするわ」  人生最初の16年間でつけた筋肉で、こんな美しいプロポーションが保てるなんてうらやましい限り……。ただ活動的なのは今も変わらず、自宅でもエクササイズに励んでいるようだ。
 自分なりのルーティンを確立し、美と健康を維持しているヴェラ。本人は全く意図していないことだろうが、なんだかんだ、これからもヴェラの美ボディに注目が集まりそうだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ