Fashion

無印の「洋服ブラシ」が優秀、毛羽立ったコートもあっという間に元通り

毛が抜けやすい以外は文句なし

 さて、実際に使ってみた感想としてはやっぱり話題になるだけあって毛羽立ちや毛玉、ホコリがちゃんと取れるなぁという印象でした。ブラッシング前は摩擦の多い袖のつけ根部分に毛羽立ちが目立っていましたが、ブラッシング後は毛羽立ちが目立ちにくく表面が滑らかになりました。コロコロ使うより断然、ラクちんです。
無印の「洋服ブラシ」ブラッシング前

ブラッシング前

無印の「洋服ブラシ」ブラッシング後

ブラッシング後

 ただ1点だけ気になるところ……! 毛が抜けやすいんだなぁ~。同ブランドのほうきを購入した時も毛が抜けたので多分、無印良品あるあるですかね。それでも690円という価格を思えば、充分な機能性と優秀さであると言えますよ。  あとは、あまり力を入れてブラッシングしなければ、ブラッシングするほどに毛が抜けまくるという事態にはならないのではないでしょうか。優しくね、優しく。

お手入れ頻度について

 洋服ブラシの活用方法ですが、基本的に外出したあとは毎回その後にお手入れするのが理想的です。一見、汚れてはいないと感じるニットやコートも目には見えづらいだけでホコリが付着、摩擦によって繊維が乱れています。  それを繰り返し使うことで3年は使えるアウターが1年でくたびれてしまったり、見るも無残な毛玉ができたりするので、帰宅したらケアを行なう習慣を忘れずにしましょう。  ちなみに新しく購入したアウターやニットには基本的に事前のブラッシングは必要ありません。ブラッシングはあくまで使用した服を適切にメンテナンスするものなので、過度にブラッシングをしてしまうと繊維を傷めることになってしまうので使いすぎにも気をつけてくださいね。
次のページ 
服を長く愛用するための必需品
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ