Love

「繊細さん=HSP」の性生活って?「相手との精神的なつながりが重要」

HSPは雰囲気やコミュニケーション重視

HSP Ryota氏はこう分析する。 「HSPは物質的豊かさより精神的豊かさを求めるので、性行為では雰囲気やコミュニケーションを重視するところがあります」  臨床心理学を専門とする関西大学教授の串崎真志氏は次のように解説する。 「アーロン氏の研究について、性行為を気持ちよくできないというより、激しい性生活を好まない、優しくしてほしいということだと私は解釈しています。ほかの研究報告として’14年のカナダの研究では性的関心が高い傾向がわずかに見られました。’18年のポルトガルの研究では、オーガズムに到達しにくい傾向がわずかに見られました」

問題の表れ方は文化によって異なる

 HSPとセクシュアリティの研究は世界的に始まったばかりだ。 「日本のデータはまだないのですが、日本でのセクシュアリティとの関連性について私はやや懐疑的です。欧米では恋愛などへの依存や職場で自己主張できないなどの問題として表れやすいのですが、日本では周囲に気を使いすぎて疲れてしまい、むしろ人間関係から撤退する結果になりやすい。つまり、問題の表れ方が文化によって異なると思われます」(串崎氏)  日本での認知が急速に広がっているHSP。今後もさまざまな議論が起こりそうだが、いずれにせよ生きづらさを感じている人の解決策になることを願いたい。 【メンタル心理カウンセラー・Ryota氏】 自身もHSPで、HSP向けのサービス「HSPの教科書」を運営し、アドバイザーとして月100件以上の相談に乗っている。 【心理学者・串崎真志氏】 関西大学文学部教授。専門は臨床心理学。著書に『繊細すぎてしんどいあなたへ-HSP相談室』(岩波ジュニア新書)など。 <取材・文・撮影/櫻井一樹 ツマミ具依>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ