Beauty

髪の傷み、乾かし方のせいかも。ツヤが出るドライヤーの使い方をプロに聞く

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。  乾燥が気になるこの季節、いつも以上にヘアケアにも気を使いたいところですよね。中でも、意識したいのがドライヤー。熱の当て方に気を付けるだけで、ツヤがぐっとアップするんです。今回は、ドライヤーの使い方を改めて見直したいと思います。  実は昨年、髪がぐっときれいになって驚いたことがあったのですが、理由は乾かし方にありました。私はコロナの自粛期間前後に区民プールを利用したのですが、プールでのドライヤー利用後に髪がツヤツヤになったように感じたのです。特に高いドライヤーだったわけではないのに、です。  ご存知の方もいると思いますが、区民プールのドライヤーは固定されているために、熱をあてる方向が“上”からのみ。ドライヤーを動かして、いろんな方向から髪を乾かすということができません。ですがこの「上から」の乾かし方が髪のツヤ出しにはとても良かったのです。  どうして髪に良かったのか。この疑問をヘアケアに詳しい人気ヘアメイクアーティストの藤岡ちせさんに解説していただきましょう。

乾かすときは、毛の落ちる方向に

「にらさわさんの感じた通り、ドライヤーは熱を当てる方向が大事です。髪をつややかにするにはキューティクルを整えるのが必須ですが、キューティクルは濡れると開いてしまうんです。  また、キューティクルはウロコのような形で重なっているために、毛流れを整えてなかったり下から風を当ててしまうと、はがれてしまう恐れがある。だから、髪を乾かす時は『毛の落ちる方向』に熱を当てるのが大事です。キューティクルや毛流れが一定方向に揃って初めて、つややかな髪を作れるんです」
写真右:藤岡さん

写真右:藤岡さん

 藤岡さんの解説内容は前から知っていたのですが、髪を乾かす前にまずは地肌をしっかり乾かそうと、いろんな方向から熱を当てていました。ですが今回痛感したのは、ドライヤーに関しては、最初から最後まで上から当てたほうがいいということ。  上からしか当てないと「地肌が乾かないのでは?」と思っていましたがそんなことはなく、単に手をしっかり動かして空気を温めればよかったのです。  とはいえ、上から乾かす場合にも注意すべき点があるとか。
次のページ 
注意点とより効果をあげる方法は?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ