Entertainment

原田龍二、ディーンも…「ジュノンボーイ」で優勝を逃している意外な出世組

伊藤英明

 伊藤英明(45)は、柏原崇(43)がグランプリを受賞した「第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞。受賞を機に岐阜県から上京し、芸能界入りしました。  その後2年間の芸能活動休止を経て、芸能界に復帰。復帰後は大河ドラマへ出演したほか、大ヒットとなった『海猿』シリーズや『悪の教典』の主演を務めるなど、大活躍を果たしています。  特に『海猿』シリーズは映画が公開される度に、その年の邦画実写映画部門で興行収入一位になるほどの盛況っぷり。伊藤が一流俳優としての認知度を大きく高めた一作でした。

菅田将暉

菅田将暉

『 誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを 見ていた者が繕った何かは いつの日か愛するものが造った何かのようだった。 』(ワニブックス)

 俳優・歌手・モデル・ラジオパーソナリティとして幅広く活躍する菅田将暉(27)は、「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリストです。いずれの賞も受賞は逃しましたが、このコンテストをきっかけに芸能事務所への所属が決定。翌年には『仮面ライダーW』の主演に抜擢され、映画『あゝ、荒野』(2017年)では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、実力派俳優として確固たる地位を築いています。  コンテスト出場から10年を記念して行われた『JUNON』のインタビューでは、「コンテストのときに何も賞をもらえなくて、それが悔しくて」と当時の心境を振り返り、「またこのステージに戻ってきたい、と思った」と語っています。その翌年には『仮面ライダーW』への出演を果たしてゲストとして戻ってきたというから、スゴすぎます。
次のページ 
役者同士で最近結婚したあの人は“理想の恋人賞”
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ