Entertainment

音楽界の超モテ男が驚きの告白「彼女と付き合うまでに5年かかった」

 昨年のインタビューで「20歳までろくに恋をしてこなかった」と明かし、世間を騒然とさせた美人歌手のカミラ・カベロ。そんなカミラが現在熱愛中なのが、“音楽界の貴公子”と呼ばれているイケメン歌手のショーン・メンデスだ。だいぶ前から意識し合っていたという2人だが、交際に発展するまでにはかなりの時間を要したようだ。

5年前は「付き合ってるの?」と聞かれ、速攻で否定

ショーン・メンデス

ショーン・メンデス

 先日ニューアルバム『ワンダー』をリリースしたショーンはこのたび、米人気トーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』にリモート出演。  番組のなかではカミラとの交際も話題に上り、なんと2人が一緒に出演した過去の映像も流されることに。実はショーンとカミラは、コラボ曲『アイ・ノウ・ホワット・ユー・ディド・ラスト・サマー』をリリースした2015年、曲のPRのためにこの番組に2人で登場していたのだ。  過去の映像では、MCのジェームズに「付き合ってるの?」とツッコまれ、即座に否定した2人。それでもジェームズから「アヤシイ」「僕は信じない」などと言われ、ドギマギした様子を見せていた。  この映像が流されると、同じく番組にリモート出演していた俳優のマシュー・マコノヒーとジェームズは大爆笑。そして、5年前のインタビューの様子をあらためて見たショーン本人は、なんともいえない表情を浮かべながら、こう話し始めた。 「(当時の姿を見るのは)かなりツライいね。よく覚えてるよ。彼女を愛してるってことさえ認めようとしていなかった。それを認めるまで、ここから3年もかかって、なんとかしようと行動を起こすまで、さらに2年を要したよ

心から愛する人と付き合い始めて気がついたこと

 昨年夏から付き合い始め、現在も順調な交際を続けている2人。ショーンは先に受けたインタビューのなかで、カミラと一緒にいることで、「自分の弱さを見せることへの恐れが、以前より少なくなった」とも明かしていた。 「人として自分にたくさんの恐れがあったんだ。自分の気持ちを言葉にすることにね。でも気持ちの面に関しては、全てを理解する必要なんてないんだと気づいた。自分ではかなり感情を見せるタイプの人間だと思ってたけど、心から愛する人と付き合い始めて『自分ってこんなに大きなエゴがあるんだ。傷ついているなんて彼女に知られたくない。男らしく見せたい。この恋愛において強い存在でいないと』って思う自分に気づいた。それは2人の関係にとって良くないことだった。感情や弱さをさらけ出す中に、真の強さがあると分かったんだ」  また、音楽界の中でも“超良い人”で知られ、好感度が高いゆえに、強いプレッシャーも感じていたというショーン。けれども、そんな緊張感を和らげてくれたのもカミラだったそうだ。
 つい先日、雑誌『GQ』のインタビューに登場したショーンは、「世間のイメージを壊さないように、何か間違ったことをしたり、言ったりしてはいけないと、自分を必死に抑えていた」と告白。さらに細マッチョな肉体にも定評があるショーンは、「体形を維持しないとファンを失ってしまう」という強迫観念にとらわれ、睡眠時間を削ってエクササイズをしていた時期もあったそうだ。  しかし、世間からの体形批判に何度もさらされてきたカミラが、毅然とした態度を貫き、自分の身体に“強く、明確に、自信を持つ”その姿を見ているうちに考え方が一変。「ときにはトレーニングするよりも、たっぷり睡眠をとるほうが大事だな」と思えるようになったという。  そんな人生の価値観を変えてくれたカミラとは“将来の話”もしているようで、ショーンは先日出演したテレビ番組で「婚約について2人で話している」と明言している。  ちなみにだが、カミラも昨年のインタビューで「2015年にコラボしたときから、友達以上の気持ちを抱いていた」と明かしている。つまり、2人は5年にわたり相思相愛だったわけだ。  そんな5年越しの恋を実らせた美男美女カップルの吉報を期待したい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ