Love

さびしい夜、復縁・不倫・離婚etc.の悩みを相談してみたら…奇跡が♥

 クリスマスからお正月にかけて、街に浮かれたカップルがあふれる季節です。でも、一緒に過ごす相手がいない私は、ひとりさびしさが増すばかり。今年はコロナ禍で帰省もできなさそうだし…。 さびしい夜 さびしさがつのる夜、誰かに話を聞いてほしい――そんな女性たちがひそかに悩みを打ち明けているのが、そう、占い師の先生たちらしいのです!  別れた彼氏と復縁したい、最近冷たい彼が何を考えてるのか知りたい、不倫の恋をどうすればいいか…。友達に言えない話も、たしかに占い師さんになら何でも話しやすいですよね。  いま自宅からできるネットの占いに相談する人が多く、中でも利用者が急増しているのが「LINEトーク占い」です。利用者からの口コミを見せてもらうと…めちゃくちゃ熱い口コミが大量に寄せられています! その、ほんの一部をご紹介しましょう(個人が特定されないよう、一部脚色しています。実際の口コミでは、占い師の名前は実名です)。

びっくり!占い通りの日に元彼に会えちゃった

まさかほんとに会えた「A先生の占い鑑定が今回も的中しました!先生が言ったとおりの『11月30日』、まさかのまさかですが、本当に彼に会えたんです。会えるなんて思ってなかったから、びっくりしてます」と語るのは佐藤ひなたさん(仮名・30代)。 「昨日は幸せな時間を元彼と過ごすことができ、とってもとっても嬉しいです。  今日もなかなか元彼からLINEが来なくて、心配になったんですけど、絶対くると信じて、先生の言葉を読み返したりして待ってたら連絡が来たんですよ」  元彼とのことを以前から相談しており、その性格や、ひなたさんとぶつかってしまった部分など、ほぼ鑑定通りだそうです。 「今はとりあえず、彼が戻ってくるまでは、仕事や趣味を楽しんだりして過ごしつつ、待ってみます。  彼がいつ戻ってくれてもいいように、自分磨きもがんばります。これからも、先生のアドバイスを元に、できるだけ明るい方に考えて、物事を進めていきますね」と復縁への準備をポジティブに進めているようです。

「LINEトーク占い」について 今すぐ知りたい人はコチラ >>>

デートのドタキャンから一転、彼の気持ちをつかめた?!

彼とLINE「彼から『会えない』というLINEが来てパニックになった私に、B先生が『大丈夫』と優しい言葉をかけてくださったこと、感謝しています」と言うのは、斎藤涼子さん(仮名・30代)  彼と前から約束していたデートで、お店も頑張って予約し、美容院に行ったり気合いを入れていたこともあった涼子さんは、会えないことにひどくガッカリしてしまったそうです。 「またいつものクセで、『彼はやっぱり私のこと好きじゃないのかも…』と不安になってしまいました。  けれど、相談したおかげで勇気づけられ、またLINEでの彼への対応の仕方もアドバイス通り、“彼を責めるんじゃなくて、自分の悲しい気持ちをしっかりと伝える”というコツをさっそくやってみました。すると、彼は『必ず埋め合わせはするよ!今度一緒においしいもの食べにいこうね』と約束してくれました」  素直にすぐ行動にうつしたことで、彼との関係が好転したんですね。以前からB先生へ相談している涼子さんは、前にもらったアドバイスを元に自身を振り返っているそう。 「やっぱりまだまだ自分の気持ちを軸にすることができていないんだな、って改めて反省しました。まだ付き合い初めで安定していないから、彼の言葉に一喜一憂しちゃうんですけど、おっしゃるように、彼を信じて自分の本当の気持ちに素直になれるようにがんばります」 “雨降って地固まる”、彼ともめそうな出来事を回避できただけでなく、より良い方向に向かって一生懸命な涼子さんなのでした。

「LINEトーク占い」について 詳しくはコチラ >>>

夫と離婚の危機!涙の日々に、まさかの連絡が

夫が離婚したくない「先日また夫と大ゲンカしました。今までの長くケンカが続いた日々で心がクタクタに疲れてしまいました。自分が離婚したいのか、それとも仲直りしたいのか…どう思ってるのかさえ見えなくて相談したんです」と話すのは大林真里子さん(仮名・30代)。  占い師のC先生から『ダンナさんも今どうすればいいのかわからず、苦しんでいます。けれども、1週間後には“やり直したい”という気持ちに変わるはずですよ』とアドバイスされたそうです。 「私は今まで自分の気持ちに向き合うことがなかったので、『心の底で本当はどうしたいのか?を問いかけてみたほうがいい』という先生の言葉で泣いてしまいました。  相談した後は、夫に私から連絡することもなく、自分の気持ちを見つめ直そうと思ってましたが、先生が言ったとおりの1週間後に、夫から連絡が来たんです! そして会ってみたら、彼に『本当にごめん、俺は離婚したくない、もう一度やり直したい』と言われたんです」  過去のケンカでは、夫は謝るタイプだったのでしょうか? 「今までいつも謝るのは私からだったので、彼から折れたのは初めてです。また私が良い方向に進んでいけるように、これからもよろしくお願いします」  相談することが真理子さんの疲れた心を解きほぐすきっかけになっているようですね。

「LINEトーク占い」で 恋愛相談をする >>>

誰にも言えない不倫の相談も

 他にも、人には言えない秘密の恋を相談したという口コミを寄せたのは山田麻美さん(仮名・30代)。 「いつもとちがう彼の様子に不安になって、相談しましたが、D先生のおっしゃる通りでした。  見ていただいた次の日の朝、彼からいつも通り、『今日の夜会える?』とLINEが来て、その夜に会えました(涙)。彼は私との将来もちゃんと考えていて、奥さんと別れて私と結婚する覚悟もしてくれていて。けど、離婚に向けての話し合いに疲れていたと。 『心配させた?』って聞いてくれて。。『心配しちゃったよ!』そして、『これからもずーっと好きだよ!』って伝えました」  受けたアドバイスを実行していたそうで… 「アドバイス通り、『彼がわたしのこと考えてくれますように』って強く思いながら眠ったら、次の日には彼に会えちゃうなんて、スゴすぎですカップル手つなぎ散歩 不倫の恋など、友達には相談しづらい悩みも、占いではストレートに本音を打ち明けられますよね。また逆に、こんな声を届けてくれたのは木原唯さん(仮名・30代)。 「夫の不倫に傷ついてどうしていいかわからなくて…。知人にグチったら、『浮気されるあなたにも問題があるんじゃない?』と言われ、自分の短所を探しては落ち込んでいました。  でも、今回E先生に相談して、『これは彼のクセ。他の女性が妻でも浮気グセは治らない』とおっしゃってもらい、夫を許そうと決めました」  不倫を繰り返す夫と連れ添う人生はしんどそうです…。 「確かにたびたび浮気されるのはつらいです。でも、彼の浮気はストレス発散だと。本気の恋愛でなく、今も私や子供たちへの愛情があるのなら、気にするまいと思うようになりました。  私が夫に寄り添うことで、夫からも同じ感情が返ってくるとアドバイスしてもらって、早速やってみたところ、すぐ効果がありました。嬉しいです」

「LINEトーク占い」 初回10分は無料 >>>

「LINEトーク占い」ってどんな感じ?

LINEトーク占い 他にも、大量の口コミが寄せられている「LINEトーク占い」、さっそく私もやってみたくなりました!「占いなんか信じない」という人も、当たる・当たらないとは別に、話すことで心がすっきりするみたいなんです。  LINEのチャットや電話で、様々なプロの占い師に直接悩みを相談できる「LINEトーク占い」は、スマホ1つで24時間利用できてレスポンスが早いと人気。怪しい会社じゃなくて、あのLINEが運営しているところも安心できますよね。  気になるのがそのシステム。ふだん使っているLINEがあれば、会員登録等なしでOKです。「チャット占い」は1分100円~、「電話占い」は1分120円~。う~ん、どっちにするか迷っちゃう。初回なら10分無料で相談できるので、気軽に試せそうです。  また「LINEトーク占い」に所属しているプロの占い師はなんと1500名以上(2020年12月現在)!総鑑定数は100万回を突破しているそうです。  西洋占星術やタロット、四柱推命などなど、占術の種類も豊富で自分にあった占い師を選ぶことができますね。  相談するジャンルは、なんでもOK。  そっけない彼、いったい何を考えている? ・不倫の恋、別れたほうがいいの? ・夫が浮気しているかも…ホントのこと知りたい ・仕事にウンザリで辞めたいけど、お金が不安 など、どんなことでも相談しちゃいましょう。
大串ノリコさん。占術:四柱推命、紫微斗数、タロット、手相、宿曜占星術、干支九星気学

大串ノリコさん 占術:四柱推命、紫微斗数、タロット、手相、宿曜占星術、干支九星気学

Jolie・Vert -ジョリー・ヴェール-さん 占術:タロットカード、オラクルカード

Jolie・Vert -ジョリー・ヴェール-さん 占術:タロットカード、オラクルカード

レオナ・リーさん 占術:霊視・オーラ、スピリチュアル・リーディング、透視

レオナ・リーさん 占術:霊視・オーラ、スピリチュアル・リーディング、透視

 24時間365日、いつでもどこでもスマホ片手に気軽に相談できる、「LINEトーク占い」。筆者も孤独な夜に、一度「LINEトーク占い」を試してみようと思います!  みなさんも、悩みを人に話すことでスッキリして新年を迎えましょう!

「LINEトーク占い」で 悩みを相談してみる >>>

<文/女子SPA!編集部 提供/LINE> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ