Love

小澤廉のDVに見る異常心理。“ペット扱い、体に落書き”が示す闇/森林原人

 若手俳優の小澤廉が、5年以上交際した元恋人にDVや堕胎強要をしていたと「文春オンライン」が12月14日に報じました。
小澤廉の“異常な愛の形”とは?ペット扱い、体に卑猥なラクガキ…/森林原人

『小澤廉 THE WORLD TRAVELER「frontside」Vol.3』

 報道によると、当時16歳の高校生だった女性に、小澤から猛アタックし交際がスタート。ところが、交際から半年で女性に対する性奴隷のような扱いが始まったいいます。「従順なペットになるように調教するわ!」「ご主人様の命令聞けないならペットじゃないよー」といった小澤からのLINEも流出。女性に手錠や首輪をつけたり、油性ペンで体に卑猥な言葉を書いたことまであったと報じられました。  事務所は「本人に事実確認したところ、記事にあった通りと認めた」と発表して小澤との契約を解除。これにいったんはツイッターで反論した小澤も、反論を取り消して謝罪したため、ほぼ事実と認めたと言えるでしょう。  この一連の小澤の行動にはどのような欲望が隠されているのでしょうか。AV男優の森林原人さんはどう見るのか聞いてみました(以下、森林さんの寄稿)。

男性は女性の最初の恋人になりたがる?

 男は女の最初の恋人になりたがる。女は男の最後の恋人になりたがる。 (Men always want to be a woman’s first love.Women like to be a man’s last romance.)  これは、劇作家のオスカーワイルドの言葉です。  この言葉を進化論の視点で解釈するのなら、男性は、自分の遺伝子を確実に残すために、自分以外の男の遺伝子を残す可能性のない女性を求める。だから、誰とも性行為をしていない処女に価値を見出すのです。一方女性は、子育てを安全で安定した環境でするために男性に近くにいてもらう必要があり、他の女性の所に行かないでほしいと望むのです。

男性は自信がないほど、女性の上に立ちたがる

男性と女性の恋愛観の違い

写真はイメージです(以下同)

 次に、この言葉を人情論で、あえて男女二元論的に解釈してみます。  男性は競争意識から、他の男性に負けたくないと考えています。絶対に負けないよう比べる対象が存在しない状況を望み、あらゆることで初めての男性になり安心したいのです。つまり、それだけ自信がないのです。一方女性は、色々と経験を積み重ねてきた男性に、「君が一番だ」と評価されたいと思っています。それは、自分を特別な存在に高めてもらうために、自分より下の存在が必要なのです。つまり、それだけ自信をつけたいのです。  今度はこの言葉を、セックス方面で解釈してみます。男性は、女性の経験が少ないのをいいことにマウントを取り、優位な立場で女性に教え、すごいと尊敬されたがります(マンスプレイニング)。それは、自分好みに仕込んでいくようなもので、調教とか洗脳と言われるものです。一方女性は、自分を誰よりも大切にして欲しいという気持ちから、他の女性に目もくれないようになって、最低でも自分以外とは身体の関係を持たず、できることなら自分とし続けてくれることを望むのです。これは、執着や依存と呼ばれるものです。

ダメ人間のダメな部分がてんこ盛り

ダメ人間のダメな部分がてんこ盛り 先日の文春でスクープされた若手俳優・小澤廉のDV事件は、男のダメな部分がこれでもかと寄せ集められていました。正確には、ダメな人間のダメな部分がてんこ盛りの男がいました、という話です。前振りで男女二元論の話をしておいて何ですが、今回の件は、男だから、という性別で括れる次元の話ではないというのが僕の感想です。  記事に書かれていた内容はおおむね事実と本人も認めていますが、その前提で考えると、彼は支配欲で性行為をするタイプです。自分が優位な立場であることを実感するために、他者を目下の存在(ペットや奴隷)にしていました。実態は臆病で自信がないがゆえの支配ですが、愛情のふりをしている点が厄介です。これを“愛の拘束”と呼びます。
次のページ 
愛のふりをした拘束から離れられなくなる
1
2
3
Cxense Recommend widget
【相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、女子SPA!のお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。 ※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.


あなたにおすすめ