Lifestyle

12歳で旅立った愛猫ルナちゃん。「僕はルナの椅子、クッションでした」

○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.35】  今から6年前の8月23日、Ponta_Papasanさん(@Ponta_Papasan)は大切な愛猫ルナちゃんを見送りました。
image6

ルナちゃん

 悪性腫瘍や糖尿病と闘いながらも、12歳まで生きてくれたルナちゃん。彼女は今も、飼い主さんの心の中で生きています。

無邪気な愛猫の左手に悪性腫瘍が…

 お母さんの同級生宅で飼い猫が子猫を生んだことから、ルナちゃんは飼い主さんのおうちへ。 image8「おいしいものに目がない子でした。食べ物と勘違いして猫砂の袋を破ったり、缶詰のフタを開けると走ってきたりと、無邪気な姿をたくさん見せてくれました」  時には、ドライフードが入ったダンボールに侵入したことも。食いしん坊なルナちゃんはやんちゃな姿を見せ、飼い主さんを笑顔にしていました。ところが、7歳になった頃、日向ぼっこしているルナちゃんを撫でいると、左手に小豆大の膨らみを発見。 image7 飼い主さんは、すぐに病院へ。後日、腫瘍摘出手術をし、検査してもらうと、悪性腫瘍であったことが判明しました。幸いにも腫瘍を摘出した後は再発や転移は見られず、これまでと同じ暮らしができるようになりました。 image10「僕の命を削ってもいいから助けてくださいと毎日、神棚に祈っていたのが通じたのかもしれません」

愛する家族と共に糖尿病と闘った日々

 しかし、同時期、ルナちゃんの体にもうひとつの異変が起こります。 「健康診断で糖尿病であることが分かりました。しばらくは通院してインスリン注射をしてもらっていましたが、病院の指導を受け、自宅で朝晩2回のインスリン注射を行うようになりました」 image9 おうちでは療法食をあげつつ、低血糖にならないよう注意。冷蔵庫には常にブドウ糖を完備してもいました。本当の妹みたいな存在の愛猫に1日でも長く、生き続けていてほしい――。そんな願いを抱きながら、飼い主さんは必死にサポートし続けました。  ところが、2014年の8月、容体は急変。 「7月までは血糖値が安定していたのですが、急に不安定になり、低血糖の発作が起きました」  この日以降、ルナちゃんは入院生活を送ることになりましたが、最期はおうちで過ごしてもらうことに。
image2

同居猫がそばに

「ルナの行きたい所に行かせてあげ、母親や実の妹のモモに傍にいてもらいました」  ルナちゃんは最期まで愛されながら、ニャン生を終えたのです。 「ルナは僕があぐらをかいているとよく上に乗ってきました。ふくらはぎを揉むのが大好きで、その姿に毎日癒されてもいました。僕はルナの椅子、踏み台、枕、クッションとなり、彼女に甘えてもらうことが大好きでした」
次のページ 
「めざましどようび」で取り上げられたことも
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ