Entertainment

滝沢秀明でドラマ化された人気マンガ、今年タイBL美形キャストで実写化

 2020年、世界中で話題となったタイドラマ。その勢いは収まることなく、2021年はアジア中で実写化されている『花より男子』を制作することを発表。タイ版では『2gether』で大ブレイクを果たしたBrightとWinが演じることが報じられ、さらなる期待を集めている。
 そんな中、日本でもドラマ化され、韓国では映画化もされたほどの人気コミック『西洋骨董洋菓子店』(よしながふみ著)がタイで実写化することを発表。
「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」フジテレビジョン

「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」フジテレビジョン

 滝沢秀明が主演を務めた日本のドラマ版(フジテレビ系 2001年)では、藤木直人が演じたパティシエ・小野から“魔性のゲイ”という設定が抜かれていたが、今回のタイ版ではBL作品に多く出演するキャストが勢ぞろいするだけでなく、現在発表されているティザー映像からも、その“魔性のゲイ”設定は貫かれたまま、原作に忠実に作られる様子。

『西洋骨董洋菓子店』とは?

 原作は1999年から2002年まで連載されていた人気マンガ。(以下、ストーリー展開についての言及があります)  小野は高校生の時に恋心を抱いていた橘に思い切って告白するも、“気持ち悪い”と拒否されたことがターニングポイントとなり、“魔性のゲイ”として数々の男を誘惑。それと同時に天才パティシエとして腕を磨き、何の因果か“女性がたくさん来るから”という理由で洋菓子店を立ち上げた橘のもとで働くことに。
よしながふみ『西洋骨董洋菓子店 1  ウィングス・コミックス』新書館

よしながふみ『西洋骨董洋菓子店 1 ウィングス・コミックス』新書館

 その店に、ボクサーとして活躍するも、網膜剝離となり挫折したエイジと、橘の友人であり、同居人の千影と一緒に働きだし、4人の人間模様が描かれて行くのだが、実は橘は幼少期、誘拐、監禁されていた過去を持っていたのだ。  その時の唯一の記憶が、そこで食べさせられたケーキ。橘は過去のトラウマをはらすべく、洋菓子店を立ち上げていたのだった。  再度起きる、橘が過去と重なる連続誘拐殺人事件の犯人捜しというサスペンス的な要素もありながら、恋愛や夢を追っていく4人の姿を、心情の揺れを本当に美味く描くタイドラマでどう表現するのか…きっと期待以上に演出してくれるに違いない。
次のページ 
個性的な4人のキャスティングも楽しみ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ