Entertainment

高良健吾が地元を愛する青年役に「地元の河川敷は大切な場所です」

自分自身を大切にしたい

――まだ33歳ですが、これからどんな大人の男になっていきたいですか?
過去を振り返るのはネガティブのことじゃない

『おもいで写眞』より

高良「説得力のある人に憧れます。説得力にはいろいろあるけれど、その人自身がその人であることというか、その人が自分自身を大切にできているってことかなと思います」 ――そうなってきていますか? 高良「前よりは(笑)」 ――最後に公開にあわせてメッセージをお願いします。 高良「年齢を重ねれば重ねるほど、過去を振り返ることも多くなると思うんです。でもそれは全然ネガティブなことじゃなくて。そうしたときに、自分にとって大切な思い出であれば、人に何を言われようと大切にすべきだと思います。そう思えるのがこの映画のいいところだし、自分らしさを大切にできている時には、身近な人も笑顔になっていると思います」 (C) 「おもいで写眞」製作委員会 <文・写真/望月ふみ>
望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。@mochi_fumi
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ