Entertainment

爆問・田中裕二の代役たちの面白シーン。児嶋、上田、意外な大物も

 爆笑問題の田中裕二(56)が1月20日に、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で入院したことを受け、それ以降の番組で様々な芸能人が代役を務めています。幸い軽症で1月27日に退院したものの、大事を取って1ケ月ほど休養するとのこと。  また田中は、昨年8月に新型コロナウイルスに感染し休業、その際も様々な代役が話題になりました。
サンデー・ジャポン

『サンデー・ジャポン』公式サイト

 最近では、サバンナの高橋茂雄(1月31日『サンデー・ジャポン』)や、ハライチと鬼越トマホーク(2月2日TBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』)など、代役もお楽しみのひとつに。  そこで、田中の代役を務めた芸能人たちのうち、印象深かったシーンを振り返ってみました。

アンジャッシュ・児嶋一哉

 1月26日深夜放送の『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に代役として出演したアンジャッシュの児嶋一哉(48)。  番組冒頭、太田光が「また田中いなくなっちゃった。どうすんだよ。嫌だなあ、本当にさ。何なんだろうね」と嘆き、「と言うわけで、ピンチヒッターで渡部君が来てくれています」と紹介して笑いを取りました。児嶋はすかさず、「児嶋だよ!その間違い方、一番やめろ」というツッコミを入れ、番組がスタート。  その後、今回の代役のオファーについて児嶋が「昔から田中さんにお世話になっているから、絶対に行くと思いました」と心境を明かしました。御存知の通り、児嶋は、渡部建(48)が起こした不倫騒動で相方が不在の状態で頑張っています。同じ境遇(?)だからこそ起きた笑いのマリアージュと言えるでしょう。

くりぃむしちゅー・上田晋也

 1月24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)での代役を務めたのは、くりぃむしちゅーの上田晋也(50)。  冒頭から上田が「おはようございます。さあ今週から始まりました『ウエダにおまかせ!』」といきなりボケてみせるなど、司会者としての堂々たる貫禄を見せつけて番組が始まりました。  昨年の8月に田中が入院した際にも当番組の代役を打診されていたことを明かしました。「あなた、もう30年以上芸能界にいるんだから、そろそろ知り合い増やしてくれないかと! 何かというと俺に言ってくる!」と太田の交友関係の狭さに対して上田がボヤくと、「君しかいないんですよ!」と笑いながら答えた太田。爆笑問題とくりぃむしちゅーの親交の深さが見て取れる微笑ましい一場面でした。
次のページ 
田中とフォルムが似ている代役は…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ