Love

同僚の不倫を意外な場所で目撃。口止めされたので見返りを頼むと…

秘密を守る見返りを頼んだ

「お願いだから、誰にも言わないで下さい!」というYさんのメッセージにどう返信しようか考えた那奈さん。 「まぁ、Yさんが不倫しようがしまいが正直私には関係無いですし。どっちみち誰かに話したりする気なんか無かったのですが…妙ないたずら心が湧いてきてしまって(笑)」  実は那奈さんには、どうしても欲しいけどなかなか買えない物があって…。 「ミスタードーナツで期間限定発売されている、ピエールマルコリーニと共同開発された“ピエールマルコリーニコレクション”なんですが、いつ行っても売り切れで。一度行列に並んだ事もありますが、やっぱり私の目の前で売り切れてしまって悔しかったんです」
 その期間限定のドーナツを買ってきてくれたら黙っていてあげてもいいとYさんにLINEしてみると、すぐに「明日出社する?必ず見つけて買って行きます」と返ってきたそう。

不倫の片棒を担いだようで後悔

「そう簡単にいかないと思っていたのですが…何軒もはしごしてくれたみたいで6種類中4つも買ってきてくれてたんですよ。思わず心の中でガッツポーズしましたね」  ひょんな事から、ずっと食べてみたかったドーナツを食べる事ができた那奈さん。 「Yさんが奥さんの分もドーナツ買えたから良かったと言うので『点数稼ぎですか?あの若い子の分は…』と私が言いかけると『だからもう言わないで!』と耳をふさいでいるのを見て、Yさんて自分の事可愛いと思ってるんだろうなと感じました」  ドーナツはとても美味しかったですが、不倫の片棒を担いだみたいで後悔をしてしまったといいます。 「最初はこんなの良くある事だと思っていたのですが、やっぱり平気で奥さんを裏切っているYさんてどういうつもりなんだろう?と色々考えるようになってしまって。でもドーナツもらった私も同罪なのかもしれません…」とため息をつく那奈さんなのでした。 <文&イラスト/鈴木詩子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
鈴木詩子
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter:@skippop
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ