Entertainment

田中みな実、古巣TBS2番組を卒業。フリーアナの番組継続事情3選

 フリーアナウンサーの田中みな実(34)が女優業にさらに本腰を入れるため、古巣TBSのレギュラー番組『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』『有吉ジャポン2 ジロジロ有吉』を3月末で卒業することが発表されました。 「バラエティで8年以上続けるって今の時代なかなかないこと。そんな番組に立ち上げから関わることができて本当に幸せでした」
 田中は同局アナだった2012年に『有吉ジャポン』、13年に『ジョブチューン』の進行役に就任。開始当初から番組に華を添えてきたため、感慨深さもひとしおなことでしょう。後任は、『ジョブチューン』に山本里菜アナ(26)、『有吉ジャポン』に近藤夏子アナ(24)と共に同局アナウンサーが務める予定で、後輩にバトンタッチした形です。  ご存知の通り、局アナがフリー転身後もレギュラー番組を続投することは珍しくありません。14年にTBSを退社した田中は、約6年間その座を守ったことになります。経費削減のために局アナを使おうと叫ばれる中、他の人気フリーアナたちは古巣の番組をどれくらい続けているのでしょうか。

羽鳥慎一(元日本テレビ)長寿番組に継続出演中

 日本テレビの看板アナだった羽鳥慎一(49)は11年3月、40歳で同局を退社。同年4月からフリーになり、現在はテレビ朝日の朝の顔になっています。
モーニングショー|テレビ朝日

画像は『モーニングショー』(テレビ朝日)公式HPより

 日テレアナウンサー時代から進行として携わってきた『ぐるぐるナインティナイン』内のコーナー『ゴチになります』と『人生が変わる1分間の深イイ話』には現在も出演。『ゴチ』(1998年~)、『深イイ話』(08年~)共に長寿番組で、これほど長く古巣の番組を続けられるのは羽鳥の人柄の良さが要因ともっぱらの噂です。  昨年オリコンが発表した「好きな男性アナウンサーランキング」では4年連続6度目の1位を獲得し、“一人勝ち”状態。「安心感」と「人情」でお茶の間のハートをグッとつかんでおり、当分の間、仕事は安泰と見られています。
次のページ 
宇賀なつみ、加藤綾子は?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ