Entertainment

新田真剣佑が戦国時代へワープ「先頭を走る役者になれると思っている」

 人気コミックを『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が実写映画化した『ブレイブ -群青戦記-』が公開中です。ある日突然、戦国時代にタイムスリップしてしまった、スポーツ名門校の高校生たちの生き残りをかけた戦いを描く本作で、映画単独初主演を果たした新田真剣佑さんにインタビュー。
新田真剣佑、単独初主演映画公開。「先頭を走る役者になれると思っている」

新田真剣佑さん

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます  目立つことが嫌いで、隅にいることが多かった弓道部の蒼が、戦いを通じて成長していく姿を演じきった新田さん。作品のことはもちろん、自身の学生時代のことや、新田さんを成長させてくれた出会いなどについて聞きました。

主人公の“成長”が見える映画

――最初に脚本を読んだときに感じたことは? 新田真剣佑さん(以下、新田)「蒼の成長物語がすごく重要になってくる映画で、大切なシーンがたくさんあると感じました。それからアクションがどう見えるのか考えました。普段のアクションとは違って、戦国の武士、武器と、現代の高校生の部活動と知識を生かした戦いなので、男の子が憧れるような映画だと思いました」
主人公の“成長”が見える映画

『ブレイブ -群青戦記-』より

――蒼というキャラクターにはどんな魅力を感じましたか? 新田「本気を出せばできる、頼りになる、という人ってたくさんいると思うんですが、その典型的なタイプだなと。ただ本気を出すって難しくて、蒼も大切なものを失って、大切なものを守るために成長していったからこそ変われた。“成長”の見える映画だと思いますが、それは並大抵の努力と決心ではできないことだと感じるので、リスペクトしています」

山崎紘菜、鈴木伸之はすごくいいオーラの持ち主

――山崎紘菜さん、鈴木伸之さんと仲良し3人組を演じました。カメラの外で仲良くなるためにコミュニケーションを取るなど意識されましたか?
山崎紘菜、鈴木伸之はすごくいいオーラの持ち主

『ブレイブ -群青戦記-』より

新田「まったく意識しなくても自然と仲良くなりました。本当によく笑う3人だったんです。なんでもないことでいつも笑っていました。ふたりとも、すごくいいオーラの持ち主でした。毎日あまりにたくさん話していたので、逆に会話の内容を覚えてないくらいです(笑)。ただほかの共演者たちもみんな仲がよかったんですよね。本当に素晴らしい現場でした」 ――蒼以外で魅力的だと思うキャラクターを挙げるなら? 新田「空手部の相良煉です。ちょこちょこ面白いことをしていて盛りだくさんな役だし、個人的にすごく好きです。演じた福山翔大も昔から知ってるヤツで、サイコーです」
次のページ 
アメリカでは学校のグラウンドに遊園地が来る!?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ