Entertainment
Fashion

千葉雄大×パールの写真が美しすぎ…「男性がパールをつけるのはカッコいい」

 パールのアクセサリーで有名なMIKIMOTOが、パールの魅力を発信するプロジェクト「My Pearls, My Style」。「纏(まと)う者の内面と個性を鮮やかに映し出す」をテーマに掲げており、その一環として俳優・千葉雄大への特別インタビューが、パールを纏った美しい写真とともに公開されました。え、男性の千葉雄大がパール!? と意外に思った人も少なくないでしょう。筆者もそうでした。
 なんでも千葉雄大は、普段使いのアクセサリーとしてプライベートでもパールのアクセサリーを所持しているとのこと。  なるほど、千葉雄大のお顔そのものがパールみたいに白くつるっとしているし、きっとキュートなイメージの写真だろう……と思いきや。写真家・下村一喜さんが撮影したモノクロのポートレートはシックでとてもかっこよく、新たな千葉雄大の側面を見てしまった心地。  見ていると、「これは男性のもの、これは女性のもの」にとらわれず、好きなもので自由に装っていいんだという勇気をもらえます。それでは、パールの持つボーダーレスな魅力を存分に語っている千葉雄大の特別インタビューを、美しすぎる写真とともにお楽しみください。

「女性だけのもの」という先入観は全くありませんでした

――「パールは女性が身につけるもの」という先入観がまだまだ強いように感じられますが、千葉さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
ミキモト 千葉雄大

千葉雄大(画像はリリースより。以下同じ)

千葉:僕には、「パールは女性だけのもの」という先入観は全くありませんでした。もともと友人のファッションデザイナーさんがコレクションでパールのスタイルを提案していたのを見て、素直に「あぁ、格好いいな」と思ったのが、自分でもパールを楽しむようになったきっかけです。 ――16世紀のチューダー朝のイギリスでは、ヘンリー8世がパールを愛用していたという記録が残っていますし、宮廷人たちも片側の耳にパールのイヤリングをしていたそうです。 千葉:なるほど。だから歴史的に見ても、男性がパールを楽しむことは特別なことではないんですね。 ミキモト 千葉雄大――いま、一般的にいう男らしさとは何かという意識が変化しているように思われます。 千葉:たしかに男らしさという定義が変わったほうがいいと思うこともありますが、変わらなくてもいいのかなとも思います。それよりも、ゆくゆくは男らしいという言葉がなくなればいいというのが僕の考えです。例えば筋骨隆々の体育会系の人がいてもいいし、しなやかに振る舞う人がいてもいい。だから男らしさが変わるというよりも、あらゆるタイプの男性が認められる、そういった多様性のほうが大事だと考えています。

「男性に」似合うものではなく、「自分に」似合うものを

――実際、日常的に普段の生活でパールを身につけるようになって、ご感想はいかがでしょう。 ミキモト 千葉雄大千葉:僕は、パールはフォーマルな服装に似合うという思い込みがあって、今日もジャケットやスーツに合わせるんだろうと思っていました。あるいはパーティなどのイベントで、ちょっとした非日常を演出する小道具としてパールを認識していました。でも実際に自分でも身につけるようになって、ラフな白いTシャツとデニムにパールを合わせてみたりすると、想像していた以上に格好よかったです。自分の手持ちの洋服にも合わせてみましたが、ハードなライダーズジャケットにもフィットするし、フリンジのついたシャツに合わせてもかわいい。自分でつけるようになって、パールにはさまざまな装いになじむ汎用性があることと、普段使いできることを実感しています。 ――パールを楽しむときのポイントはありますか? 千葉:先ほどの男らしさの話にも通じますが、男性に似合うものというよりも、自分に似合うものを探すべきだと思います。華奢なデザインのものはやはり繊細なスタイルに似合う傾向がありますし、逆もまた真なりでしょう。
次のページ 
「すごくきれいで気分が高揚しました」
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ