Entertainment

元スター子役、水中出産で第3子誕生。妊娠中にコロナ感染も

 幼い頃よりディズニー・チャンネルの子役として人気を博し、大人になってからも歌手や女優として活躍を続けているヒラリー・ダフ(33)。私生活では22歳で結婚し、24歳で長男を出産したものの後に離婚、その後再婚して長女が誕生し、昨年秋には3人目を授かったことを公表していた。第3子妊娠中には新型コロナウィルスに感染したヒラリーだが、このたび無事に女児を出産したようだ。

品行方正な元ディズニースター。ただ私生活では波乱も……

ヒラリー・ダフ

ヒラリー・ダフ(C)Hutchinsphoto

 幼い頃より演劇学校に通い、10歳になるころには映画やテレビで子役デビューを果たしていたヒラリー。2001年から放送開始されたディズニー・チャンネルのドラマ『リジー&Lizzie』で大ブレイクし、一躍スターに。  成長するにつれ、酒やドラッグで私生活が乱れてしまう元ディズニースターも多い中、ヒラリーは品行方正でクリーンなイメージを保ち、歌手や女優としてキャリアを順調に積み重ねていった。  ただ、私生活はやや波乱含み。ヒラリーが15歳のときには、『リジー&Lizzie』で共演したアイドル歌手アーロン・カーターとの熱愛が取り沙汰されたが、アーロンが女優のリンジー・ローハンと二股をかけていたことが発覚し破局。しかも、当時親友同士だったヒラリーとリンジーは、この件をきっかけに犬猿の仲になってしまった。  その後しばらくは人気バンド『グッド・シャーロット』のジョエル・マッデンと交際していたが、2006年に破局し、まもなく当時プロアイスホッケー選手だったマイク・コムリーと交際を開始。2010年にマイクと結婚し、2012年には第1子のルカ君を出産した。けれども2014年にはマイクとの破局説が浮上。ヒラリーは関係修復に努めたが、酒癖の悪いマイクが悪酔いし、レストランの女性店員にセクハラした事実が報道で明らかになると即離婚を申請。2016年に離婚が成立した。

昨年秋に第3子妊娠を発表した直後、コロナ感染が発覚

 離婚後、女優や歌手として活動しながら、シングルマザーとしてルカ君を育ててきたヒラリーは「しばらくは結婚の必要性を感じない」と明言していた。けれども2018年には、当時交際していたミュージシャン、マシュー・コーマとの間に授かった娘バンクスちゃんを出産し、その翌年の2019年にはマシューと結婚。2020年秋には夫婦にとって2人目となる子供を妊娠したことをSNSで報告していた。
 けれども昨年11月、コロナに感染していることをインスタグラムのストーリーで公表。妊娠を発表したヒラリーは当時、ニューヨークでドラマの撮影を行っていたと伝えられているが、感染経路や症状などの詳細は明かされなかった。  隔離生活を終えたヒラリーは、クリスマスと年末年始を家族でゆったり過ごしたことを今年1月に報告。しかしその際に、「眼がなんだかおかしい。痛みもあるし」「救急病棟で診てもらったけど、コロナの検査をたくさん受けて、眼の感染症にかかってしまったみたい」などと投稿したことから、ネット上では「検査で眼の感染症にかかるの?!」と心配する声が続出。  ただ実際には、コロナの検査で眼に感染症の症状が起こることは極めてまれだそうで、ヒラリーも抗生物質などの薬ですぐに治癒したとファンに報告している。  そしてついに今月24日(現地時間)、ヒラリーは第3子となる娘を無事出産。インスタグラムに水中出産の様子を捉えたモノクロ写真とともに、「メイ・ジェームズ・ベア。美しいあなたを愛している。2021年3月24日」と投稿し、娘の誕生と名前を公表した。
 ちなみに、ヒラリーが水中出産をするのは、2人目のバンクスちゃんに続き2回目とのこと。バンクスちゃんを水中出産した際、「思っていたよりも全然痛くなかった」として、次回も水中出産を希望していたそうだ。
次のページ 
24歳で出産したときには批判された
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ