Entertainment

私たちの好きな長瀬智也ドラマランキング『俺の家の話』は4位。長瀬サイコー!

1位『池袋ウエストゲートパーク』37%

TBS系ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」オリジナル・サウンドトラック

TBS系ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」オリジナル・サウンドトラック (EMIミュージック・ジャパン)

 そして1位は『池袋ウエストゲートパーク』(’00年・TBS系)。池袋を舞台にカラーギャングの抗争に巻き込まれていく主人公・マコトを熱演した長瀬さん。  窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、高橋一生、渡辺謙などそうそうたるメンバーに囲まれながらも唯一無二の存在感を放ち続け、最終回まで全力疾走しました。「ブクロ最高!」のセリフも最高でした。

俳優・長瀬智也は“人間・長瀬智也”そのまま

 惜しくもランク外でしたが、ドラマデビュー作である『ツインズ教師』(’93年・テレビ朝日系)、山田太一の人気ドラマシリーズのラストを飾った『ふぞろいの林檎たちⅣ』(’97年・TBS系)、伝説の相場師に株の極意を叩き込まれ巨大銀行に戦いを挑む青年・白戸則道を演じた『ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~』(’02年・フジテレビ系)、元チーマーという経歴を持つ半人前ドクター・狭間一番を演じた『ハンドク!!!』(’01年・TBS系)も印象に残っています。  こうして振り返ってみると、プロレスラー、能楽師、ヤクザ、落語家、さらには漫画の主人公など、突拍子もないキャラと設定のドラマをしっかり成立させていたのは、ひとえに長瀬さんの人間的魅力に他ならないのではないかと思います。
「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ DVD 通常版」東宝

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ DVD 通常版」東宝

 筆者は以前、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』と同じく映画『空飛ぶタイヤ』のときにインタビューをしたことがありますが、どこまでも飾らない、気さくで温かい、そして真摯な人柄にとても心が洗われたことを今でも覚えています。  数々のドラマで私たちを笑わせ、感動させてくれたキャラクターたちは、まさに人間・長瀬智也そのままだったのではないでしょうか。  その勇姿をいつかまた見れることを祈りつつ、長瀬さん、ひとまずはお疲れさまでした。ナガセ最高! 【調査概要】 調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~49歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。 調査期間:2021年3月31日 有効回答者数:30~49歳女性200名 <文/中村裕一> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ